« ブルース叔父さんのこと | トップページ | グレアム家の人々 »

2012年1月28日 (土)

新バンド

最近、秘密の場所でのひそかな特訓に、お客ができた。出入りの業者のかなり年配の電気技師さんなのだが、かつて、キャバレーで、サックスを吹いていたとのことで、俺とITO君に興味があるようだ。

毎週月曜日、空調、電圧関係のメンテナンスに職場に見える。ふとしたきっかけで話すようになり、時々、練習を見てもらえるようになった。

練習は、ほとんど、リズムにあわせたギターリフとリードというスタイルで、8ビート、16ビート、シャッフル、フィルインのパターン、ブレイクなどのドラムの刻みに、12小節ひとまわしを意識したアドリブを続けている。

基本のキーはAでおこなっているのだが、いろいろ試していて、けっこうライブの演奏にフィードバックしているよ。

月曜日には最近よく見てもらっている。見方がおもしろい。ドラムの後ろに立ったり、フレットをみたり。プレイヤーサイドのとらえ方だなと思わせる。

「うまいなあ。」といってもらえるようになった。こういうプロだった方にほめられるとめちゃくちゃうれしい。

今でも公園で一人で、吹いていることがあるそうで、心にちょっと火がついてきたようだ。

「ちょっといっしょにやってみません?」と声をかけたね。

「サックス、持ってきてくださいよ。月曜日が楽しみになるじゃあないですか。」

「うふふ。」

まあ無理せずにね。

どうなるかな?

そうこうしているうち、M君やT君も来るようになってきた。おお!いいね。

少しづつだね。

« ブルース叔父さんのこと | トップページ | グレアム家の人々 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

でた~。十八番の人心取り込み術ですね。
子供の頃公園でキャッチボールをしていたらそれを羨ましそうに眺める少年がいて・・・気づいたら一緒に野球やってた。
みたいな世界ですね。
頑張れ新バンド!

まさに少年野球の精神ですね。ドラマは生きてる限り続く。寄ったり離れたり。
一瞬の邂逅も大事に思う。
今またFの壁にぶつかっている奴が来てます…

新展開を楽しみにしつつ、その過程を大いに楽しむ。先方も流されながら展開を楽しんで・・大人の技ですね。

お客さんがいると気持ちが入りますね。でも無理は禁物ですね。ゆっくりやることがほんと大事ですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574941/52445687

この記事へのトラックバック一覧です: 新バンド:

« ブルース叔父さんのこと | トップページ | グレアム家の人々 »