« 盲目の鴉 | トップページ | 具象と抽象と作為と »

2012年1月20日 (金)

ホンダの車

12ヶ月点検で、久しぶりにホンダの営業所に行ってきた。

なんかパンフレットもらってきちゃうんだよなあ。

「ホンダさんもハイブリットのラインナップ増えてきたねえ。」

「そうですね。あとは、プラグインも電気自動車も研究してますね。」

「へえ、営業所で電気補給設備整えれば、できそうだよねえ。あとはチャージの時間かあ。」

「はい。なかなか難しいようですけど。」

と、担当氏の言葉。

自動車業界も大変だが、これからのことを考えると脱石油、脱原子力は喫緊の課題ですな。

トヨタは流れをじっとみて、儲かりそうだとみるや、他メーカーを潰しにかかるといった商売だったが、ハイブリットに関しては、実より名をとったね。一歩リードしている。底力が違う。

俺は、ソーラー発電を使ったあの真夏のむっとした室内空気を冷やすシステムと、ブレーキで電気を回収するシステムがいいと思う。

ホンダは馴染みのラインナップにハイブリットを配置して、まき直しをねらう。

フィットシャトルハイブリットとかフリードハイブリットはいい感じだよ。

でも、今までのレシプロエンジンの改良技術も見逃せないなあ。

マツダのスカイアクティブエンジン、10.15モードで30km/Lってすごくないですか!

膨張率を上げて、ノッキング減少を抑える。トルクフルになって、踏み込みを抑える。

この技術はすごいと思うよ。

絶対何かにつながる。

うーん、別に今買うわけじゃあないけれど、見ちゃうなあ。

雑誌買うまでにはいかないんだけれど。

代車いらないつもりだったけど、葬式が入って入用になった。

フィット。

いいね。

« 盲目の鴉 | トップページ | 具象と抽象と作為と »

身辺雑記」カテゴリの記事

コメント

あれもこれも全部カローラって名前をつけて販売台数を稼ぎ長きに渡り王者に君臨し続けたトヨタ。フィット1種で果敢に挑み牙城を崩したホンダ。
会社のスピリットには好感が持てますね。

でも僕はトヨタ崇拝者・・(笑)

車ってプロ野球のファン心理と近いのかなあ。
俺は、日本のメーカーのひいきはしたいけど、こだわりはあまりないんですよ。イタ車もいいと思うけれど。
日産、豊田、松田、本田と乗り継ぎました。駐車場しばりもあったりで、身の丈に合った道具という観点でばっかりで選んでたなあ。
つり、キャンプ、スキー、自転車、楽器運び、ラガーマン6人乗り、でも小型といったらフリードになってしまいました。もうしばらくこれにします。でもまた変わるね。

そうか、o1211さんはホンダですか。ホンダには乗ったことがないです。レンタカーでも・・。

sinoさん、人生初ホンダ、2年です。日本車はとても優秀だよ。でも源泉のスピリッツはあるねえ。ディーラーの硬さ、ナンパな仕様、子ども的主張。
感じます。
こりゃ、文化だ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574941/53760261

この記事へのトラックバック一覧です: ホンダの車:

« 盲目の鴉 | トップページ | 具象と抽象と作為と »