« ラグビー大学選手権 | トップページ | 200人前豚汁 »

2012年1月 5日 (木)

高校ラグビー準決勝前

東福岡の強さはどこからくるのか?

全国大会3連覇だぜ!

桐蔭にしても東福岡にしてもバランスが非常にいい。体つきがちょっと違う。どういった鍛え方なのかなあ。

ちょっと前の高校ラグビーは、フォワードのラック、モールを中心に攻撃を組み立て、バックスは、ディフェンス重視で低くタックルに行くというのが主流だった。

大昔の俺の高校生の頃は、黒沢尻工業とか秋田商業とかの東北勢がこういったラグビーを展開していた。

現在でも西陵がやはりこういったラグビーで、キックを多用し、敵陣で試合を行い、ペナルティやターンオーバーをしつこくねらうというラグビーだ。

徹底的に走力、筋力を鍛え上げて、帰宅時は立てないほどだといううわさが・・・試合中の控えのメンバーのやり続けるスクワットを見るとあながちうそではあるまいと思う。

俺はこういうラグビーは嫌いじゃないし、高校生にはありだと思う。

東福岡は、それもありでかつバックスの展開も速い。総合的に強い。うーむ、どういう練習方法なんだろうか?参考にできることはないのかな?

春日丘はちょっと近いが、東福岡は更に一段スケールが大きい。

東海大仰星、御所実業、常翔学園、東福岡、ベスト4が出揃った。

今日、準決勝。7日決勝。

旭野高校のバスで、近鉄花園ラグビー場に観戦に出かけた瀬戸西フランカーは、実際見て、感激のようだった。

「東大阪市はほんとラグビーの街だったよ。」

「ほう。」

「マンホールのふたも楕円だった。」

「へえー。」

「こんなに盛り上がっていたら、いいなあ。もう、ワールドカップの会場誘致で街全体が活気づいていた。」

「ふーん、今度は俺もどっかの試合見に行こう!」

« ラグビー大学選手権 | トップページ | 200人前豚汁 »

ラグビー」カテゴリの記事

コメント

高校サッカーは市船以外名門と呼ばれる高校が敗退しましたがラグビーはやはりという顔ぶれ。
番狂わせが起こりにくい種目なのでしょうか・・。
いよいよクライマックスが近づいてきました。
目が離せませんね。

うんうん(頷き) 
o1211さんは東福岡の練習見学に行きたいでしょ。

ojさん、代替わりが徐々に来るスポーツですね。東福岡、御所以外は新興ですね。
野球やサッカーほど先が見えずに、痛いし、けがもするのに、ひたむきに取り組む高校生ラガーマン、関係者にはほんと頭下がりますわ。よくてなずけているなあとおもう。
ラグビーのもつ力かな。

sinoさん、練習見たいねえ。
練習に本質がでるよ。菅平合宿で様々な高校の練習を見たけれど、工夫のあるところは強いね。
瀬戸西のM先生メニューはすごく合理的でユニークです。ただ、役員仕事や先生の仕事でなかなか見れないのが、惜しまれますが…
雑事に振り回されるのは公立の宿命でしょうね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574941/53654035

この記事へのトラックバック一覧です: 高校ラグビー準決勝前:

« ラグビー大学選手権 | トップページ | 200人前豚汁 »