« 正月記 | トップページ | 高校ラグビー準決勝前 »

2012年1月 4日 (水)

ラグビー大学選手権

ラグビー大学選手権、天理が関東学院を破り、帝京が筑波に勝ち、決勝は天理対帝京。

天理関東学院戦は移動中で見逃したが、帝京筑波戦は正月ボケながら、しかと見たぞ。

帝京フォワード強い!

ディフェンスの集散は速い!

筑波はちょっと圧倒された感じだった。293

二人のニュージーランド留学生のロックと、SOの正確無比なキックとゲームコントロールが印象的だった。

前半二つのトライはフォワードが押し切ってのトライ。平均体重7kg重いスクラムでも圧倒し、じりじりと陣地を取りながらのトライ。

フォワードの強さと速さがいかに大事かが改めてわかる。

後半のバックス陣のトライも、フォワードの押し込みが強く、相手ボールの時でも、ラックへの集合が一瞬速く、この圧力がもたらしたものといっていい。

ターンオーバーの数も多く、いかに集散が速かったかということだ。

死角があるとすると、ラインアウトかな。みな読まれていた。

決勝はどうかな?

天理のトンガ留学生のセンター二人の突破力はすごい!

フォワードはほぼ互角。帝京のディフェンスと天理のオフェンスの出来が勝負を分けるかな。

あとは、風、太陽、球の転がり具合。偶然の要素がかなり影響すると思う。

予想。経験値で帝京やや有利。

23年ぶりの関西リーグ決勝進出。この風潮は一過性ではないと思う。留学生を含めた人集め、先取りのトレーニング方法、最新のゲーム戦略等、時代は変わりつつあるし、一人のエースや伝統だけでは勝てなくなりつつあるということかな。

このあたりの選手がが菅平ワールドカップの主力にならないといかんのだろうね。

« 正月記 | トップページ | 高校ラグビー準決勝前 »

ラグビー」カテゴリの記事

コメント

早慶明の常連校が出るのも良し、今年のような新鮮な顔ぶれが出てくるのもまた良しですね。
大切なのは子供達がそれに憧れて目指すようなヒーローの出現でしょうね。
それが菅平成功のカギかな?

やはり天理がきましたね。

どっちも頑張れsign01


頑張れ瀬戸西ラグビー部sign01

ojさん、帝京のSOの森田君、天理のSO立川君、ルックスもプレイもいいよ!
決勝はぜひ見てみてください。ラグビー人気出てほしいなあ。
日本人は怪物的ではないが、切れとたたずまいが素晴らしいと思うね。
瀬戸西OBの大学現役選手たち、3日に大勢来ましたが、みんな速かったかったね。
頑張ってほしいものです。

no8君、天理、予想通りだね。さすがだ。関西リーグで断トツ強かった。
なんか、天理に勝ってほしい気もする。やっぱり、泥臭いチームの方が、応援したくなるなあ。
takuは新人戦、作戦を立てているようだね。
フォワードのポジション考えているようだ。
がんばれ瀬戸西ラグビー部!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574941/53638750

この記事へのトラックバック一覧です: ラグビー大学選手権:

« 正月記 | トップページ | 高校ラグビー準決勝前 »