« 具象と抽象と作為と | トップページ | 新人戦を振り返って »

2012年1月22日 (日)

ざく切り甘藍アレンジ

焼き鳥屋や串かつ屋に行くと、ざく切りしたキャベツを素のままで食べさせてくれる。

これはうまいよ。口の中が洗われるし、食べ放題にしている店もあって、ソースつけてバリバリかじっているとキャベツの甘みが感じられて、甘藍という漢字がぴったりと思えるときがある。

千切りの繊細さとは違う良さがあるね。

ちょっと横にそれますが、春キャベツとか新じゃがとか、微妙にうまくないですか?

新物のよさってこういうところに感じるんだよ。食感の柔らかさとふわっと香る春の新芽の若々しさ。

うーん、春キャベツのざく切り、喰いてえ!

ということで、冬物だが、4分の1玉のキャベツを見て、どうするか?

冷凍どて飯の具があった。

ならば、ここは、ざく切りキャベツのアレンジだな。

ざくっとカットしたキャベツを一塩。10分置く。

ちょっとしなっとしたキャベツもいいんだなあ。塩吹き昆布などあると、もっといいねえ!しかし本日は生憎と見当たらない…

では紫蘇ふりかけをかけてしまう。香と色と塩味がつく。

以外にふりかけ系は、調味料として活躍する。

最近、唐辛子ふりかけにはまっている。これは、炒め物に入れてもいいし、うどんやどんぶりにも合う。

ここで何か入れてやろうと思った。

冷蔵庫を見ると、松山揚げが。

これは、やや乾燥した油揚げで、さくっとした食感のお揚げというおもしろい食材だ。

それと、食べる煮干が。

これは、苦味が少なくて、スナックのように食べられる。

迷わず投入。量適当。

塩分によって引き出されたキャベツの水分を、松山揚げと食べる煮干が吸収し、ちょうどいいやわらかさになった。

ここで、決め手はごま油とすりゴマ。ゴマ風味は必需品だあ!

できた!

どて飯の箸休めに最適!

これは、もはやサラダだ!

Photo

« 具象と抽象と作為と | トップページ | 新人戦を振り返って »

食べ物 飲み物」カテゴリの記事

コメント

美味しそう!でも画像は?

o1211にかかれば料理はもはや「正解の出てる実験」だね!

燦人会、30日OKですよ!

うーん、マウス絵ちょっと階段の踊り場だな。なんかつかまないと抜けれんなあ。
キャベツ結構おいしかったんですが、写真撮り忘れて食べちゃった。
キャベツの絵って難しいね。で、こんな絵になりました。

春キャベツも出てきましたね。
松山揚げ、生でそのまま使うんだ。万能胡麻油で仕上げ、焼酎に合いそう!

昨日TVで卵の素ってやってました。卵黄を泡立てて、サラダ油を少しずつ入れていく。
できたものはしんじょうやこねたものに入れると、すごくふわふわになるそうで、和食の基本のようです。感心しました。
松山揚げあまりなじみがなかったけれど、面白い食材ですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574941/53713100

この記事へのトラックバック一覧です: ざく切り甘藍アレンジ:

« 具象と抽象と作為と | トップページ | 新人戦を振り返って »