« ロアールとプティポア | トップページ | 悠々たる「友佑」 »

2011年12月28日 (水)

ラグビーはしご観戦

ラグビーはしご観戦。

この土日に瑞穂ラグビー場で、3試合も見てしまいました。

まずトップリーグのトヨタヴェルブリッツ対サントリーサンゴリアス戦。

OJさんから頂いた、ファンクラブ用引き換え招待券でただ。しかし、グランパス戦ありで、駐車場満杯。なかなか入れずに、前半を見逃す。

Toyota1

Toyota2

Toyota3

後半からやっとみれた。4515でサントリーサンゴリアスの勝利。

サントリー強い!トップリーグ8連勝。

トヨタはこれで35敗。

新聞では、速いパス回しと一言だけど、実際見ると、ワンタッチパスといった風情で、どうやっているのか分からないぐらい速い!これで、ディフェンス陣も翻弄されて、切り裂かれてしまった。間違いなく日本で一番強いチームだ。

大学選手権2回戦。筑波対明治。および慶応対天理。

Photo

結果は、筑波対明治119で筑波。慶応対天理3215で天理。

風も強く寒い一日で選手も大変そうだったが、番狂わせだったかなあ。

筑波対明治は、筑波1T2PKで、3PKの明治の攻撃をしのぐ。

フォワードは明治の方が上だったが、筑波はバックスのディフェンスがよく、特に前半の踏ん張りはすごかった。

後半風上にまわり、キックを多用し、常に敵陣内で試合を運び、結局明治をノートライに押えこんだ。ここが勝因。

特にラインアウトから、ジャンプで幻惑し、プロップへのパスからスロワーのフッカーがトライを決めたプレイが間隙を突いていいプレイだった。

慶応対天理は、力は天理があった。

重量フォワードと2人のトンガのセンター、スタンドオフの突破力がすごかったなあ。

前半、風上に立った慶応は、51mPGも決めて互角に試合を運んでいたが、後半、正確無比なキックを多用する天理に押され始め、ラインアウトからバックスに展開され、センター陣に切り裂かれた。

No.8君の「今年の天理は注目!」の言葉通りだ。

これで、準決勝は帝京対筑波、天理対関東学院かな。

この試合から学ぶべきところは、まずは敵陣内で試合を進める意識だ。そのためにはキックの精度は重要な要素だ。

後、タックルは低くすばやく。集散は速く。ペナルティはもらわないこと。

とにかく、大学生は速い。

瀬戸西君たちもみんな来ていたが、俺もいい勉強になった。

« ロアールとプティポア | トップページ | 悠々たる「友佑」 »

ラグビー」カテゴリの記事

コメント

外国人パワーはやはり別格。
一時ラトゥを擁した大東文化大もそう。
そのような学校が旋風を巻き起こすとその年の選手権は盛り上がる。
どう迎え撃つか純血フィフティーン・・。
その画が見てる人をワクワクさせるんだよね。
そしてW杯日本大会の主力となるであろう彼ら世代がそのパワーを体感しこれからどう成長していくのか楽しみです。

個人的には2年前から追いかけている明治のSHがどこのチームに進むのか注目!

寒! ラグビーのはしご観戦なんて・・・
好きこそ何とか・・だね。
トップリーグに大学か、そりゃいい勉強になりますね。
しかも東京に行くことなく観戦できるなんて、やっぱトヨタさまさまかなあ

ojさん、ありがとうございます。トップリーグは初めての観戦でした。あの券がなければいけなかった。今度、サントリーのエディジョーンズヘッドコーチは全日本のHCになるね。
サントリー的チームは世界に通用するのかな。興味津津。あと8年後。
秦君はけなげだよ。ひときわ小さい。でもまずレギュラー張るのがすごい。
でも、大学選手権でいえばもっと全国区の大会にしないといかん。
要綱上、中部圏は対象外になっている。

sinoさん、いいものを見ました。
冥土の土産だ。俺、後悔することってあまりないんですが、このスポーツ、やっておきたかった。人生の痛恨事です。チャンスがなかった。

でも、takuやojさんやfsさんのおかげで、ここまで楽しめます。
春日丘が活躍すると、愛知の状況も変わるかな。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574941/53567899

この記事へのトラックバック一覧です: ラグビーはしご観戦:

« ロアールとプティポア | トップページ | 悠々たる「友佑」 »