« 句会ポタ | トップページ | がんばれ!瀬戸西君ロゴマーク »

2011年12月16日 (金)

こぶ茶にする。

最近、昆布茶がいいなあ。買ってきてしまった。

ちょっと塩気が多いと思うけど、1,2杯ならたいしたことないか。

梅昆布茶がいいという人もいて、(となりの姉御)やれジジイ臭いだの、なんかあった?だの百家争鳴で喧しい。

Cimg0345

深い意味はないのだが、インスタントコーヒーに飽きて、緑茶は封を切ると劣化が早いので、粉末状のもので良いのないかなあとおもっていたところで、昆布茶に落ち着いた。

封を開けると缶の中に、昆布茶を使ったレシピが。

豚肉と白菜の昆布茶炒め。あえて昆布茶でなくても・・・まあ悪くないか・・・

不二の昆布茶。昔からあるよなあ。

大阪本社。

これは、こなもん文化の一形態かなあ。

お好み焼きやうどんのだしにも絶対昆布は使うし、粉末にした方が無駄がないし、煮干粉や鰹節粉、更に干し椎茸粉や貝柱粉も混ぜてしまえば、めくるめくアミノ酸複合連隊、ダシレンジャーだあ!

そのものを丸ごと食すことに俺は賛成で、一番出しを取ったものも佃煮やふりかけにすべしと思っているのだが、粉にしてしまえば、実に簡単だ。関西的合理精神だと思う。

そしてこの匙!

缶と匙。龍角散も太田胃散も関西かなあ。

こなもんを半球状の匙で掬って、擦りきりか山盛りか、これを匙加減というのかという風情。

なんかここで慎重に行動して、こぼさないようにそろそろと湯のみに運ぶ。龍角散だと口を下にしながら、同時に上向かないか?どこか剽軽になってしまう。

昆布茶、これはだし昆布の味の他に、なにか一味あるな。食塩、砂糖、調味料(アミノ酸)と但し書きが。

これがなんなのかわからんなあ。配合率も企業秘密かな。

なんかほっとする味だ。

関西は、あとアメちゃん文化だ。麦芽の力を使った糖分の精製文化がある。

粉と糖。密接につながっていると思う。

「秘密のケンミンショー」でやってくれないかなあ。

Photo

« 句会ポタ | トップページ | がんばれ!瀬戸西君ロゴマーク »

食べ物 飲み物」カテゴリの記事

コメント

あたしゃもっぱらひとり湯どうふの出汁に使う。ほんの小さじで豆腐が湯豆腐に変身するから。

子供の頃嫌いだったけど大人になると好きになる食べ物・飲み物ってあります。
まさに昆布茶がそれ。
「こんなもんよく飲むな」と思ったものだが今では好物の1つ・・。

他には牡蠣や茄子など。
こういう食べ物をひっくるめて名付けてみようかな。

sinoさん、ひとり湯豆腐の姿が思い浮かばないなあ。いつも大勢の人といるイメージがある。
こぶ茶にて一人湯豆腐喰ふをんな
あとは、この匙加減に俳味を感じたね。ちょっと笑える。
別系ですが、
紅白の討ち入り今年四十八女
AKB48です。赤穂浪士とかけました。どうすか?忘れないうちに書きました。
こぶ茶と絹豆腐とおぼろ昆布、立派なお吸い物だあ!今度やってみよう!

ojさんおもしろい!名付けましょう。大人になってうまいと思えるもの。概念規定がさらに新しい発見をもたらすと思います。
俺は、ピーマンとセロリとラッキョウですね。あと肉の脂身は今だあまり好きじゃないけれどゼロではいかん。
なんか、心の引き出しをあけているようだ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574941/53469395

この記事へのトラックバック一覧です: こぶ茶にする。:

« 句会ポタ | トップページ | がんばれ!瀬戸西君ロゴマーク »