« 抜糸 | トップページ | 身近なもので習作 »

2011年12月22日 (木)

学童餅つき

恒例の学童餅つきに参加。

「今こそ、ラグビーで培った力を人の役に立てる時が来た!」

ということで、瀬戸西フランカーを連れて行った。高蔵寺プロップも来ていたので、こりゃあ、いい。二人で全部つけ!という勢いだったが、やっぱり素人だ。まだまだ。

一臼目に杵に餅を引っ付けて飛ばしてしまった・・・。あーあ。非難ごうごう。

でっかいラグビーのフォワード2人が、149cmの学童指導員にど叱られて、ほっぺたつねられているのも見ものでした。

takuちゃんに救われました。」

と、Y父。ん?どういうこと?

「いやあ、最初の餅でまったく同じことやってしまって、ひとりで非難の目に耐えてました。Takutakumaに目がそれて、助かります。」

ありゃりゃ、ということは2臼無駄になったということか・・・

Photo_2

子ども達がおもしろかった。

落ちた餅に群がり、表面を食べ始めるものあり、泥つきの餅で団子作るやつありで、興味の赴くまま、自在ですなあ。実際、本物の搗き立てお餅で遊ぶ機会なんか普通絶対ない。ここは抑制してはいけないところだろうと思う。

「おもち、おいしい!」

表面を食べていた女の子。

きっと、楽しくって、一生覚えているかもね。

Photo_3

Photo_4

« 抜糸 | トップページ | 身近なもので習作 »

学童」カテゴリの記事

コメント

何事も経験!!! いやあ、すばらしい経験。 みんないい大人になるさ。

僕が着いたときはYさんがしでかした直後でした・・。
あのあと同じ事がもう一度起きていたとは。

餅つきなんて今時できる集団なんてほとんどありませんよね。
ホント学童っこたちの経験値はスゴイと思います。

sinoさん、この群がり方に未来を感じたなあ。たくましいし、なんかアジアの純真という言葉が浮かんでくるんですよ。女の子ばっかりなのが気になりますが…

OJさん、あって当然でいつまでもいてほしいですね。
それも、自分たちで育てた米でついてますからね。この学童は只者ではないです。
OBこみ宴会いきますか?また飲みましょう!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574941/53521824

この記事へのトラックバック一覧です: 学童餅つき:

« 抜糸 | トップページ | 身近なもので習作 »