« いよいよ始動 | トップページ | けがは避けよう! »

2011年12月10日 (土)

「采配」

OJさんに借りた、落合監督の「采配」。

おもしろかった。

マスコミに様々に言われていたことに対する落合監督の考え方が、すっきりと理解できた。

説得力あり。納得。

Photo_5

アライバコンバートの話、山井降板の話、情報の管理、選手の起用法と見方、おぼろげながら感じていたことを、あー!と膝を打つこともあったし、ほー、予想と違うということもあった。

山井の自己申告降板ははじめて知ったし、確かにアライバは、ここへきて、まだやれそうな気配が出てきている。

投手の重視も意味がよくわかった。

うーん、選手目線と、観察眼。これはやはり只者ではないですなあ。

結果が出るのもわかる。

そこから何かを得ようとして、こういった本を手にするのもわかるね。

とことん、野球というものを考えた人生だと思う。勝つことが現場での至上命題なのもよくわかった。

ただ、ビジネス書として読んだり、教訓を教条的に応用しようとしてはいけないかなあ。

あくまで、野球に対する対処を考え抜いて得られた落合氏の言葉なのであって、自分の運命に対して拓いてきた自信を見せるも、すべてにそんな確信めいているわけでもないと思うよ。何が幸福で、正解なのかなんてどこまでいってもわからない。

まあ、今置かれている立場、状況をしっかり見て、厳しい現実も直視して、対処法をとにかく試していくこと。あきらめずにね。俺はそう読んだね。

ドラゴンズ、ほんとにいいチームだったと思いますね。

でも、野球そのものが、ほんとに曲がり角だよ。

他のスポーツに比べて、いびつに金銭の授受が多いと感じる。先行した創業者利得みたいなものか?それを原資にした、もっと恵まれて欲しいスポーツの振興や、引退後の選手の人生へのコミットなど課題は多いと思う。

プロ野球を見るということは文化だと思う。

それは、深い駆け引きや怪力乱神の神々を見ることであって、それに関して、落合氏については最高の采配を見せてもらったと感謝している。

野球は、学校、企業がプロパガンダとして戦後利用してきたと思う。私学、NHK、読売新聞を見るまでもなく。

アメリカ合衆国の民主主義の象徴として、正岡子規も熱中したベースボールは、日本人の好きな要素はたくさんあったと思う。あの間、声掛け、一騎打ち風、まるでバットの立ち姿は侍だ。

ちょっと体の強い荒くれどもが、一攫千金をねらって、金を稼ぐというのが、プロの世界だった。ジャパニーズドリーム。

でも、今や、スポーツはみんなのもので、すべての人に等しく、その喜びを分け与えられるべきものであって、地域や社会そのものが担うべきものになりつつある。クラブチームしかり、草スポーツしかり、ニュースポーツしかり。

今後すべきこととは、あらゆる人の適正、嗜好を反映し、トップからボトムまで包摂した総合的クラブチームを地域的に立ち上げることにあると思う。

落合氏の経験に裏打ちされた考え方は、この運営に全く反しない。むしろ、その新しいシステムにこそ生きてくるのではとも思う。まあ、お金のことはねえ、棺桶には持ってはいけないが邪魔になるものじゃあないしねえ。あまり欲深にならないように。分配が大事だと思うなあ。

それにしても、中日にしても、読売にしてもマスコミの凋落が目に余る。我田引水や自己都合を正義と勘違いすることが多すぎる。IT関連企業の方がまだましだ。

« いよいよ始動 | トップページ | けがは避けよう! »

ライナーノーツ」カテゴリの記事

コメント

同じ本1つとっても読み人が違うと感想も人それぞれで面白い・・。
http://blogs.yahoo.co.jp/ojisanchez/7300743.html

この「采配」もo1211さんに読んでいただいたことによって本冥利に尽きることでしょう。

でたー。僕の好きな擬人化・・。

最終部に叫びが聞こえるねェ。嗚呼落合ドラゴンズ!

ojさん、とらえ方の違いがほんとに面白いね。
落合氏は稀有な人物でよく自分を見てる人だと思うね。身近で話したことがあって、そう大きくはないのだけれど、ひじから先の発達がすごくて、いわゆる小力が強いというのかな、バットコントロールがうまそうと感じました。自分の特徴を生かしきったと思います。
選手のそういったそれぞれの特徴をみて、長く持たせようとしている感じは伝わりますね。やっぱり、俺はいい監督だったと思う。落合采配またどこかで見たいなあ。

sinoさん、凋落という言葉がぴったりです。これも日本を象徴しているのか…
これから、見る前に跳べ!から跳ぶ前に見よ!に人生観を変えて、新聞報道には圧倒的な疑問符をつけて読みます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574941/53374954

この記事へのトラックバック一覧です: 「采配」:

« いよいよ始動 | トップページ | けがは避けよう! »