« D、クライマックスシリーズ勝ち抜いた! | トップページ | 写真撮るぞ! »

2011年11月 9日 (水)

デジタル一眼レフの実力

改めて、デジタル一眼レフの実力を書きしるしたいが、まだまだ使えていないなあ。

しかし、AFのスピードと連写のスピードの早さは驚いた。

最近こんなにすごいことが普通のように出来ちゃうの?ズームで被写体に向けて、半押しにしてフォーカスしたらシャッターを押し続けるだけ。露出とスピードの速さもパネルを見ながら調節しやすそう。

では、今後の作戦を考えよう。

まず、明るさに関しては、windowsPicture Manegerで調節できるので、そう神経質にならなくてもいいと思う。

たとえば、夕方撮った自販機の写真は、蛍光灯のところが明るすぎて、逆光のようになってしまうが、これもソフトの方で加工できる。コントラストを抑えていけば自然に表現できるのではないか?

補正なし。

Photo_8

補正あり。

2

ただ、多く写真を撮った時は面倒なので、適正な露出を選ぶ経験がやっぱり要るかなあ。

ラグビーで考えると、夕方の場合や雨天、曇天の場合の瀬戸西グラウンドにおける適正露出値を確認しておく必要がある。これも、念頭においておこう。でもある程度、カメラがやってくれるんでしょ。

それから、シャッタースピードであるが、これは、スポーツモードで充分対応できるかなとは思うが、もう少しスピードをあげてもいいと思う。てぶれ補正はしっかりあるので、ズームと連写を使えば、相当被写体に近づけるのではないか?

Photo_9

3

Photo_10

上記は最大望遠の連写の例。

さて、瀬戸西ラグビー。どうするか。

まず、カメラの立ち位置であるが、グラウンド南側のタッチラインから全部行くしかないかなあ。

太陽を背に受ける位置でないと、逆行になってしまう。また、ポイントの10メートルラインの範囲の敵陣側からアプローチするのが基本だろう。トライが取れそうな(もしくは取られそうな)セットプレイの場合ゴールライン側に移動するのもありだ。

基本、ボールを中心に撮るしかない。

写真のサイズであるが、2Mにしておこうと思う。いわゆる2Lサイズかな。あまり高画質にすると貼り付けの際の加工が手間だし、閲覧のスピードが下がる。

管理は外付けハードディスクで行おう。すべての写真は撮影日単位でフォルダに格納し、1試合あたり10枚から15枚選択し、ホームページに貼り付けていく。

こんなところかな。現状での考え方は。

自分は、プレイヤーでいたいと願っていた人間だったように思う。だから、写真は面倒だなとかよくわからんという拒否反応があったのかも。今は応援する側で、何かの支えにになりたい。

大義がある。がんばるよ。

« D、クライマックスシリーズ勝ち抜いた! | トップページ | 写真撮るぞ! »

身辺雑記」カテゴリの記事

コメント

スゴイ吸収力ですね。
yahooブログの場合、一回に2Mが写真を貼り付けられる限界。
ですから僕は保存を目的としないモノ(ラーメン等・・)
は始めから加工要らずの0.3Mで設定です。
但しプリントアウトする可能性があるならやはり2Mでしょうね。

PENTAXは2Mが最低になっています。もっと上げておこうか迷い始めました。まあとりあえずやってみてから考えます。
今週土曜日、急遽練習試合が決まりました。明日アップしますが、豊田運動公園で準決勝2試合後、豊田工専との試合15:00K.Oです。いよいよデビューです。

またまた忙しくなりますね。いろいろ試して!いい道具ですよ。

昨日はお疲れ様でした。
はい。がんばりますよ。まだ自分は変化したいですね。
今日仕事でレクバレーの事務と2試合出場して、帰りに1km泳いだらへろへろでした。ばかだあ。
句会すいません。投句の方よろしくお願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574941/53187034

この記事へのトラックバック一覧です: デジタル一眼レフの実力:

« D、クライマックスシリーズ勝ち抜いた! | トップページ | 写真撮るぞ! »