« 中部楽器技術専門学校の文化祭に参加 | トップページ | 柔道一直線! »

2011年11月23日 (水)

ルーツミュージックへの敬意

11月20日、縁あって中部楽器技術専門学校の文化祭にオファーがあって、出演してきました。

どうMCしようかなと思いましたが、音楽で生きようとしている若者たちにこんなメッセージを考えてみました。

実際は言えなかったんだけど。

こういう気持ちで準備してました。

…皆様方には、様々な楽器のクラフトを学び、音楽に希望をもって生きていこうとしている方たちとして、敬意を表します。

そして、今日、文化祭にお招きくださり、ありがとうございます。

われわれは、ブルーシーツというバンドで、ロックやブルースを演奏することを中心に活動しているバンドです。よろしくお願いします。

私の敬愛するブルーズマンにB.B.Kingという人がいます。

彼の言葉に「blues is roots. enjoy the fruits!」という言葉があります。

当初、ブルースという音楽の形式があって、その後、jazzpopsに発展して行き、現在につながっているということを表現した奥行きと広がりを感じさせる言葉だと思います。

1900年代当初、ブルース発生の話には諸説ありますが、ざっくりといえば、奴隷としてつれてこられたアフリカンアメリカンの大変厳しい労働条件の下のワークソングであり、また、教会で歌われた神にささげるゴスペルという形式の賛美歌、ジュークジョイントといわれた、いこいの場で歌われ始めた恋愛やお金にまつわる日常の唄を集めて出来上がってきたもので、南部地方で始まり、殺されたロバートジョンソンの替わりに、マディウォータースがシカゴに連れてこられたときから、ビジネスとして始まりました。

シャッフル、8ビート、3コード、マイナーペンタトニックスケールを用い、ギター、エレキギター、ベース、ドラム、ピアノそして、ホーン隊、の編成で演奏し、踊り、歌う文化であります。

ヨーロッパ大陸でオペラやオーケストラという文化が花開いたように、アメリカ大陸でこのような文化が始まりました。

で、2回の世界大戦を経て、アメリカの音楽文化が各国に持ち込まれ、各地の固有の音楽とも結びつき、現在に至っていると考えられます。宗教的、政治的理由で拒否している国もありますが、それは、ブルースが持つ普遍性を損ねるものではないです。ブルース、それは、わかりやすい、シンプルなバンドという形式に乗った、真実の声だからです。

Strange fruits」でアフリカンアメリカンのリンチされ、木につるされた死体を唄ったビリーホリデイ、「move over」で焦燥した脱出願望を唄ったジャニスジョプリンなど、私が大きく影響を受けた曲は、彼らが感じた本当のことを歌い、そして、それは、当時のすべての若者に共通する社会に対する発言だったと思います。

事実、シカゴのブルースマンたちがイギリスに渡り、その音から、クリーム、ビートルズ、ローリングストーンズが生まれ、UKロックになり、オアシスにつながり、現代に至っていると思います。

今日は、その中から、まず、ビッグビルブールンジーという人の「HEY,HEY」という曲をやります。1925年の曲ですが、バンド用にアレンジしました。聴いてください。

この曲は、1992年、エリッククラプトンがアンプラグドという小さなコンサートで、アコースティックギターのみで演奏し、話題になった曲です。本当の原形です。私は、彼をギターを弾く、アフリカンアメリカンのショパンだと思っています。

続きまして、ローリングストーンズの「satisfaction」をやります。聴いてください。

これは、このリフという概念を高らかにうたった、名曲です。シンプルで泣く子も黙るキラーチューンです。ロックンロールがロックになったといえる曲だと思います。

続きまして、ビートルズの「Oh,Darling!」という曲をやります。

これは、アビーロードという後期のアルバムからの一曲です。

ビートルズはポップスの歴史を大きく変えました。きらびやかな進行、抜群のルックス、唄、コーラスのうまさ、演奏の確かさ、もうよさは聴いてもらえばわかると思いますが、この曲は原点回帰の曲なんですが、進行にビートルズらしさが充分感じ取れる、素晴らしい曲だと思います。

最後にサディスティックミカバンドの「タイムマシンにお願い」という曲をやります。

この曲はJPOPの草分け的な曲です。

リフ、リード、リズムのブレーク、タメとクイ。当時の若者がブルースやロックに影響されて、日本にも作ろうという息吹にあふれた曲だと思います。いい曲ですね。金メダル級です。

ブルース、ロックンロール、ロック、jポップ・・・超駆け足でやってみました。

皆さんにも、影響され音楽を志すきっかけになった曲というものがあると思いますが、このような原点のroots musicを少し意識すると、また違う世界が見えてくるのではないかなと思います。ぜひ、演奏したり、聴いてみてください。

今日はありがとうございました。

« 中部楽器技術専門学校の文化祭に参加 | トップページ | 柔道一直線! »

音楽」カテゴリの記事

コメント

サディスティックミカバンド聴きたかった。かさねがさね残念。
ところで句会いつやる?

ルーツね・・。
何でもルーツをたどると新しいモノが見えてきますね。
とりあえず香流川の上流に向かって自転車漕いでこようかな。

句会は29日?

sinoさん、今度またぜひ。Bardrinkのドラマーは、ブルースにめちゃくちゃ反応してくれました。どこかでまた縁があるかもね。

ojさん、句会29でいいですよ。どうすか皆さん!
仕事もちょっと絡んで、昭和区名所俳句というものを作ってみました。持っていきますわ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574941/53166582

この記事へのトラックバック一覧です: ルーツミュージックへの敬意:

« 中部楽器技術専門学校の文化祭に参加 | トップページ | 柔道一直線! »