« ビーネームと鉢合わせ | トップページ | 和田毅はすごい! »

2011年11月12日 (土)

ぷかぷか

今度、blue sheetsで練習しようといっている曲。

凄みがあるな。作った西岡恭蔵氏は、奥様が病気で亡くなられた後、追うように、自らの命を絶った。ほれ込み具合の深さがこの歌に色濃く出ている。彼の真実の声なんだろうね。

歌詞の受け取り具合は、聴く人様々だろうね。

ほれた女性に理不尽に振り回されるトホホ男の唄、強くなり始めた女性の唄、深い愛の唄、間違ったとらえ方だと思うが、喫煙の勧めととってしまう考え方、いろいろ。

曲の方は、キーGとすると、

Aメロ    

G  /Am  /C   / D7   / G  /Am  /C  C7  /G   /

Bメロ

Bm  / Em   / C    / D7    / Bm  / Em   / C    / D7   /

この繰り返し。シンプル。こういう曲を聴かせるのは本当に難しい。歌唱力も必要だし、ギターの変化も必要だ。どう捌くかな。

シンプルなんだけれど、すごく味があって、みんなに愛され、歌い継がれている理由がわかる。ぜひ、表現してみたい。

ところで、新聞の書評欄に「生物と無生物の間で」の著者、福岡伸一さんが、日本の著作権について書かれてある本の書評をしていた。山田奨治著「日本の著作権はなぜこんなに厳しいのか」。

日本の著作権は厳しすぎるし、学ぶはまねぶなんだからもっと寛容に行かないと、文化が滅ぶという趣旨だったと思う。賛同する。

この基準を構築した人は、ホンの一握りの人であり、ある種の尻馬に乗った新手の商売かなとも思う。厳格に解すると歌詞をネットに載せることも、コードを分解することも、人前で演奏することも出来なくなってしまう。ポールマッカートニーが、金を払わないとヘイジュードをコンサートで歌えないんだぜ!

音楽は、先人たちの素晴らしい遺産に近づこうとして、練習し、考えて、やっと自分のものになっていくものであり、気持が一番大事なんじゃあないのかなあ。作者も喜んで協力してくれるんじゃあないのか?この話にお金が絡んでくると、ちょっと悲しい。

違法コピーで商売するのは明らかにいかんことだが、すべてについて厳格化するのはいかがなもんかと俺も思うよ。

« ビーネームと鉢合わせ | トップページ | 和田毅はすごい! »

音楽」カテゴリの記事

コメント

いちいち著作料金が発生していたら音を楽しむという最も大事な気持ちが失せますね。
レンタルビデオ店がレコード店をダメにして、ダウンロードがレンタルビデオ店をダメにして。
これから先どの様に進んで行くのでしょうね。

これも主催して初めて身につまされたことなんです。主催が地域団体としても、使用料の請求があった場合、事務局としてどう対応すべきかとかね。
演奏するサイドとしては、フリーのオリジナル曲という手もありますが、盛り上がらないしね。ライブハウスは一律に使用権払っているところと細かくチェックしているところがありますね。考えますわ。自分なりに。
今から、準決勝見に行きます。瀬戸西vs豊田工業も。晴れてよかったあ!

写真コンディションは最高ですね。
カメラも必要充分!
被写体は青春ど真ん中!

…ハードル上げておきましたよ(^з^)-☆

瀬戸西ホームアップjしました。みてね。いろいろ思うなあ。こっちはこっちで書こう!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574941/53131708

この記事へのトラックバック一覧です: ぷかぷか:

« ビーネームと鉢合わせ | トップページ | 和田毅はすごい! »