« 音楽の一つの要素 | トップページ | ジョニーウィンターとクラプトンの来日 »

2011年11月20日 (日)

BECKとは大胆な…

何気に金曜日ロードショーでやっていた「BECK」をみたよ。

ディティールは、現実のエピソードを知っていると、響くけどね。ちょっとパロディがかっていて、素直にうなずけないなあ。

ベックときくと、ジェフベックになるか、サンプリングのベックになるか、世代の違いがあるだろうね。バンド名にするとは、大胆な…

ギター名「ルシール」。BBの愛器の名前まんまやんけ!よう使わんわ!

本物のエピソードはライブ会場で火事が起こって、命からがら逃げて、戒めるためのそのライブ会場の店の名前なんだ。

映画では彼女の取り合いで、伝説のブルースマンは撃ち殺されることなっており、その際に銃弾で穴を開けられ、また、ルシールと彼女の名前が与えられたレスポールが、キーのギターになっているが、このエピソードにはロバートジョンスンの毒殺の逸話が入っている。

フェイクだなあ。レスポールはレスポールの伝説であり、このギターを使っている伝説のブルースマンは時代的にいない。アルバートキングはフライングVだけど、左利きなので、シンメトリックが必要だったのだ。

よくできた映画だと思うけれど、うーん… 

それに、ダイイングブリードというバンド、ヴァンヘイレンのもじりなのかな。外タレがオーラなさすぎ!また、人殺しも辞さないプロデューサー、レオンサイクス、ぜんぜん怖くない。中村獅童、くさい。また、伝説のブルースマンの親戚のオールドブルースマン、ロバートロックウッドジュニアのもじりだと思うが、これもいかがなものか。本物は立ち居振る舞いにオーラが出るんだが…

音楽の映画と考えると、時代考証があまりよくない。スタッフ、関係者がもっと音楽を煮詰めて考えてほしい!佐藤健君に歌えとは言わないが、うーん、不細工でも、本物がいい!プロデューサーがほれ込んだ本物のバンドを使ってほしかった。これは、イケメンたちの、単にバンドを舞台にした青春映画かな。これではちょっと寂しい。

「ブルースブラザース」みてみい!

出ているの本物ばっかりだし、ジョンベルーシもダンエイクロイドも素人だけど、本物だ。ブルースマンだ。BBやクラプトンやスティーブクロッパーやアレサフランクリンやらジェームスブラウン、レイチャールズ、このクラスが端役ででてくるんだよ。勝てるかー!

まあ、メンバー集めの話は「七人の侍」的でおもしろかったし、こゆきの成長譚としては素直に感情移入できる。観客動員をめぐる話も、ありそうでなさそうなファンタジーのような受け方で、カタルシスがあってよかったんじゃない?

しかしだなあ、だいたい、人のギターをかっぱらって、持ったまま逃げ回っている奴にまともな音が出せるの!竜介君、及びエディ君、君らはギターを弾くに値しないね。

やましいことがあれば、音はしょぼくなるし、キャリアの乏しい奴に、なんでそんな名器が扱える?

スタッフ及び関係者、音楽をなめてはいけない。ちょろくつくってはいけないよ。この映画のコンセプトならば、リアリティが説得力を持つ。でないとだめだ。

しかも、デジタル音源華やかなりし現代、こうアナログ的だとねえ。こゆきくんもipod使っているじゃん!

もう少しプロットとディティールを煮詰めて欲しかった。

「漫画の方がいい。」とはtakuの言葉。どうした日本映画!

« 音楽の一つの要素 | トップページ | ジョニーウィンターとクラプトンの来日 »

ライナーノーツ」カテゴリの記事

コメント

sinoさんに同感・・。
sinoさんが仰るとおりだと思いましたよ♪

いやあ、すいませんね。音楽は快感原則の遊びですが、自分や周囲のついて厳しめにいかないと、すぐ水準が落ちるんです。
独りよがりに陥いらずにいいなと思ってもらうのは、ほんとに難しいです。
音楽ネタで自分の頭を整理して、パフォーマンス向上の一助にと思っているんですが、俺の文章や態度は誤解を受けやすいね。さまざまな失敗もしてきました。
まあ、でも自分の感じた本当のことを語らないとね。向上しないです。いいものはいい、アカン物はアカンのです。

そうですね。顔色伺いながら書いてるようじゃやめたほうがいいですよね。
っで、市長論はそろそろですか?(^_^;)

いうねえ!月曜の市議会荒れるよ。
減税案、民主、自民、共産は通す気ありません。公明もたぶんね。
するとまた、署名!?
前回の定例議会報告を書いたんですが、出そうかな、どうしようかな。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574941/53244807

この記事へのトラックバック一覧です: BECKとは大胆な…:

« 音楽の一つの要素 | トップページ | ジョニーウィンターとクラプトンの来日 »