« 八百彦君。 | トップページ | テスト週間、守山スポセンにてトレーニング »

2011年10月 3日 (月)

夏の名残りのハゼ

久しぶりに天気もいい、自由な休日。

今日は、夜、太郎会だった。久し振りに魚持ち込んでみるか、ということで、ハゼ狙いで釣行。

今日は干潮2時の中潮。秋の中潮は昼あまり引かないので、あまり動かないだろう。どこにしようかな?

とりあえず、員弁川の河口ねらいで、だめなら揖斐川へ転進。こんな計画で12時頃出発。上州屋桑名店で石ゴカイ購入。ここ安い。いいね。

員弁川河口は、地元シジミ採りの人散見。釣り人もちらほら。見ていても竿が動く様子がない。うーん、苦しいな。まあやってみるか。

Photo

堤防の切れ目から、川に入り、船だまりの深みに長めののべ竿で石ゴカイを投じる。

Photo_2

当たりなし。うーん、どうした。

隣のおじさんと情報交換。

台風15号で地形が変わってしまい、以降全く釣れなくなってしまった。台風12号後はここで、200釣った。船だまりの深みも砂で埋まってしまい、漁師さんたちも困っている。たまにつれても、サッパやチンタでマハゼが来ない…

そうか、まだ台風の爪痕がのこっているんだ…

ここは、揖斐川に転進しよう!

マハゼは少なくて、夏ハゼが多いが、ここは背に腹は代えられぬ。釣れねばどうもならん。ということで、潮どまりぐらいの時間に、揖斐川河口に到着。

長島スパーランドが見えるところ。一昨年、ピンポイントだったが、12月に20cm越えのマハゼ15匹ぐらい釣れたところだ。。

Photo_3

まだ濁りが取れていない。セイゴ狙いの投げ竿乱立の中、テトラの際へ。4,5mの渓流竿と2号道糸、中通しおもり1号、ハリスどめ付きよりもどしとオーナーハゼバリ5号、単純極まりなしの仕掛け。

テトラの際では、よしのぼり、ちちぶ、シマハゼなど、極小の魚の猛襲。あーあ…

で、釣りにならないなあ、帰ろうかとおもった時、ポンとマハゼが。そうそう君だよ!と思ったが、後が続かず…。くるしい。

そうこうしてると潮が上げ始めてきて、風も出てきた。ちびのあたりも遠のき、ちょっと来そうな気配が。釣りはこういうところが不思議だ。

で、がっときました。20センチぐらいだが、夏ハゼはよく引くのだ。のべ竿でハゼを釣るのは、楽しいよ。シンプルがいいね。ごりごりとよく引いたあ!

Photo_5

マハゼは味が上品で、引くときはグルンとよく泳いで、いいひき味がある。

夏ハゼは、マハゼより、汽水域でもやや淡水が多い所に住んでいて、これだけ水がでると、活性が上がってしまうだろうね。

うろこがマハゼより大きく、ウロハゼともいう。引き味はぐっと踏んばる感じで、一発目の合わせで底を切らないと、根がかりしてしまう。食味はマハゼに落ちるとは思わないが、骨がやや硬く、頭がマハゼより大きいので、てんぷらより唐揚げで、ばきばき頭と骨を噛み砕いて食うのがよろしい。太郎会にはふさわしい気がする。

小一時間でこんなもんか。現地でさばいて、太郎にGO

Photo_6

先日、AOさんと釣ったアマゴももっていった。

みなさん、どうでした?

アマゴは塩焼きにしてもらい、ハゼは唐揚げにしてもらった。

甘酢をかけて、塩やきで食べるの初めてかなあ。おもしろい!

Amagoo

来月も時間があったら、ハゼ釣りに行って、太郎に持ってってみようかな。

« 八百彦君。 | トップページ | テスト週間、守山スポセンにてトレーニング »

釣り」カテゴリの記事

コメント

太郎会では大変ごちそうさまでした。
新鮮でしかも揚げたてで本当に美味しかったですよ。
ありがとうございました。
持ち込みありでしかも調理までしていただいて、こんな素敵な店ありませんね。

今日気づいたこと。
o1211さんの文章能力をしても数枚の写真の説得力には叶わない。
3000円デジカメに活躍の場を!
100文は1見に如かず。

うーん、厳しいご指摘、ありがとうございます。うすうす感じてたんですが、苦手意識がどうしてもあってね。
なんか一歩踏み込めないんだよなあ。特に人間が撮りづらい。風景もいまいちうまくとれん…何かの心が邪魔してるのかなあ。
今回もいまはちぐらいですが、イベントのなかみは伝わりましたかね。ojさんみたいにまず自分を出してみるかな。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574941/52886397

この記事へのトラックバック一覧です: 夏の名残りのハゼ:

« 八百彦君。 | トップページ | テスト週間、守山スポセンにてトレーニング »