« 栗のワイン煮 | トップページ | 耳コピ »

2011年10月 6日 (木)

トリガラ、トリガラ、トリガラ

トリガラ、トリガラ、トリガラ・・・うーん、鳥水炊き、その後きしめんにしよう!

醤油は使わず、塩コショウ、野菜をスープに突っ込んで、洋風だ。

シメジ、エノキ、小松菜、ねぎ、鳥の胸肉のスライスは必須。

最後、きしめんは、うすくて幅広のもの、くたくたに煮て、味をしみこます。

やってみよう!

先日、水餃子を食べた後のスープに、うどんやご飯でなく、きしめんを使った。いろいろな煮込み段階を食べたが、やっぱり、びろびろになった方がうまい!

市販の中華風パイタンスープだったが、しめのきしめんもありだよ。よくスープを吸い込むね。

特に、水餃子だと、小麦粉が溶け出して、スープに粘り気が出る。

粉モンの口当たりのよさが最高に感じられる。つるんと口に入り、ふわっと香る。餃子の皮より滑らかさがあって、水餃子ときしめんは合うよ。水餃子は肉の質感と皮、きしめんはスープのからみと滑らかさ。二回楽しめる。

いいぜ!きしめん、なんかつかんだ。

新聞に、朝ZIPという番組でMOCO’Sキッチンというコーナーを仕切っている、速水もこみち君は本当に一人でやっているのかという質問が載っていた。

手際のよさは、お主只者ではないな!感が満ち溢れていたが、実際、レシピから料理まで全部やっているとのこと。学生時代から書き溜めたレシピノートが相当あると。今でも店にいっておいしいと思うと、メモしたり、聞いたりで勉強熱心らしい。すげえなあ!素直に感心するよ。

料理男子は感じいいなあ。

« 栗のワイン煮 | トップページ | 耳コピ »

食べ物 飲み物」カテゴリの記事

コメント

トリガラ、使っていただきましたか。
文章読んでるだけで美味しさが伝わってきます。
きしめんは茹で時間を短くする為に作られた名古屋人の知恵と聞いたことあります。
コシがしっかりしたうどんも美味しいですが、ビロビロきしめんもいけますよね

そうなんです。讃岐や味噌煮込みのような腰の強い麺もいいんですが、博多うどんや鍋焼きうどんのように柔らかいうどんもおいしいのです。
きしめんは絶対に柔らか麺の系譜である!だしはとり系。鰹節系よりマイルド。また、つるつるした食感の滑らかさを生かすべきです!スープにとろみが要ります。
おじさんの主張でした。
今年は、俺にとってきしめん発見の年です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574941/52910287

この記事へのトラックバック一覧です: トリガラ、トリガラ、トリガラ:

« 栗のワイン煮 | トップページ | 耳コピ »