« テスト週間、守山スポセンにてトレーニング | トップページ | トリガラ、トリガラ、トリガラ »

2011年10月 5日 (水)

栗のワイン煮

OJさんにトリガラもらって、料理は考え中。

日曜、KAMIさんが、もらった大粒の栗を煮ていた。

お礼にと、OJさんに持っていった。

Photo_2

最近は、携帯やPCでメニューが出ているサイトがあり、参考にしたようだ。

まず、鬼皮を剥く。赤ワインと三温糖でゆっくりと煮る。「栗のワイン煮(渋皮つき)」といった料理かな。

使ったワインは、サイゼのキャンティの飲み残し。こんなところで役に立つとは。

味。いいね。

ほくほくしていて、甘くて、しっかり栗だあ!素材の甘さが効いている。

渋皮もまったく気にならない。見た目も良し。ワイン色に染まり、芯が黄色くて、だんだん紫が外に向かって濃くなっていき、グラデーションがきれいにかかっている。

さっぱりした、甘さのきつくないマロングラッセかな。これなら食べられる。いつぞや、マロングラッセを食べたら、あまりの甘さに歯が痛くなったことがあった。

渋皮、赤ワインでポリフェノールいっぱいで、いい感じの食べ物だ。これは、おやつだな。お茶うけ、もしくは、デザートかな。

ご飯のおかずではないし、酒のアテでもないなあ。でも、蒸留酒ならいいかも。ブランデーやバーボン、ウィスキーなんか合うか。

« テスト週間、守山スポセンにてトレーニング | トップページ | トリガラ、トリガラ、トリガラ »

食べ物 飲み物」カテゴリの記事

コメント

僕、まるでわらしべ長者のようですね(^-^)/
栗、本当に美味しかったですよ。一日目より二日目、二日目より三日目、段々旨味が増してくるようです。

またがら持ってo1211さんのとこに走ろ(^з^)-☆

そりゃあよかった。試作品で口に合うかなとも思いましたが、なにより。栗って結構面倒なんだ。天津甘栗の食べやすさが偉大に思えてきた。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574941/52900937

この記事へのトラックバック一覧です: 栗のワイン煮:

« テスト週間、守山スポセンにてトレーニング | トップページ | トリガラ、トリガラ、トリガラ »