« Crosstown traffic | トップページ | 物は捨てるな »

2011年9月12日 (月)

高校ラグビー愛知大会初戦報告

瀬戸西対瀬戸北。高校ラグビー大会第1回戦が瀬戸西グラウンドで行われました。

結果は、520で勝利。

予想を超える大差がつきましたが、いくつか課題も見えました。

緊張のせいもあるし、けが人によるポジション変更があり、不慣れな部分があったことを差し引いても、ペナルティとミスが多かったと思います。

密集の際のノットロールアウェイとオフサイドが目立ちました。特に一年は、まだ、ルールにも不慣れな部分があったと思います。この辺を先輩諸君、皆とよく確認してください。

それから、根本的な話ですが、フォワードの走力をあげてください。疲れていてもきちんとボールを扱い、オーバーにきちんと入る、コンタクトをしっかりする、そういうことが大切であることを再認識させられました。

バックス陣も、不慣れなポジションが多かったと思いますが、トライにつながる危険なプレイの芽はよく摘んでいたと思います。向こうのミスに助けられた部分も多かったですが。今日は、スタンドオフのステップと球出しの自在ぶりがよく目につきました。最初のトライのステップは見事!ただ、若干、技におぼれるきらいもあり、一つのミスがトライに結びつく危険もあります。

展開のオプションは、ずいぶんありますね。今日のパターンも磨けば、さらにいいものになっていくと思います。

でも、今日はせっかく勝ったから、いいところも言ってあげなきゃね。

フォワード陣は、スクラムがよかった。向こうは結構重量があるけれど、完全に押し勝ってました。合宿での福島聖光戦の教訓が生きていると思います。切れで、押し勝つといった感じ。第一列、ようやった!

それがよく出たのは、敵陣深いところの相手スクラムの球出しをインターセプトしてセンターがトライしたプレイです。素晴らしかった。集中力がありましたね。

また、フランカーはずいぶん走っていました。オーバーもよくできていたと思う。サイドアタックで結構ゲインする場面もあったし、タックルされながらも粘って起き上がり、トライを決めたプレイは、あきらめなかったところがよかった。ただ、ノックオンが多すぎた。

新布陣のラインアウトは、だんだん安定してきましたね。最後、インターセプトから即トライに結びつけたプレイは、常に球を意識する高い集中力がもたらしたトライだと思います。ロックのジャンパーとしての資質は高いと思いますね。

センター陣はほんと不慣れなところできつかったと思います。スピードがある相手を止める技術はフォワードとはちょっと違う部分がありますし、スピードとともに体幹の強さが要求されるポジションなので、ヒヤッとする場面もあったけれど、結果は0封なので、とりあえずよしか。二人で抜けて中央へトライしたプレイは、ロックとウィングで得た経験が生きたプレイだったと思います。

フッカー、NO8とフルバックのセンターラインは、もう実に安定してるし、瀬戸西の原動力だなあ。フッカーの強さ、no8の抜ける力、フルバックのオールラウンダーぶり、どのチームにもひけは取らないよ。また、M君のウィングはありだ。実に見えている。後方からの指示がよく届くし、センター出身なのでコンタクトにも強い。いいね。

さて次は、けが人も戻り、定位置に皆が戻り、コンディションが上がってくると思います。

合宿以降、苦労してきたところから、少しづつ上がってきていると実感しているでしょう。ベストエイトは全然高望みじゃない!君らならやれる。今までの練習は間違ってない。このまま頑張れ!

「おお、ご苦労だった!ナイスゲーム。初戦突破、おめでとう。」

「じつは、前半何も覚えてない…」

「えー!どうした?」

「脳しんとうかなあ。気が付いたら、前半最後のスクラムだった…」

「そりゃすげえな。普通にやっているように見えたがなあ。」

「気持ち悪くなって、頭冷やそうとして、水かぶりすぎた!後半のノックオンは手が滑りすぎた!リフターだったから手袋もできなかったし…俺のノックオンがなければ、あと3トライできたのに…」

「…まあ、今日は、こっちのコンディションもベストじゃないし、お前の課題の密集プレイへの素早い参集とオーバー、タックルはできていたよ。」

「無茶苦茶走った。今までで一番きつかった。俺のトライ、みてくれた?」

「みたみた。よく粘って立ち上がったなあ。フォワードのトライは泥臭くてもああいうプレイが肝心だ。」

「今日は、トライは意識しなかったけれど、結果出てうれしいよ。俺はああいうプレイがしたい。」

「次はみんな帰ってくるし、mokusonがフォワードに戻ってくれば、少しは楽になるし、もう少しいいプレイができるだろう。」

sinya先輩がセンターに入れば、ずいぶん楽になる。スタンドオフからパス受けた時の速さははんぱねえ!このスピードは西陵が来ても負けん!」

「そうだ!次はやっとみんなそろってやれるんだ!kousukeスクラムハーフに入れば、またオプションがふえるんだよ。」

「来週、日進対時習館戦見に行くわ。U先生(今年瀬戸西から日進へ異動した元顧問)にも恩返ししたいなあ。勝ってくるかなあ?」

「どうかな?」

「ところで、伊藤園のコーヒーっておいしくねえ?」

「ああん?知らねえなあ。伊藤園は日本茶じゃねえのか?」

「瀬戸西の自販機に伊藤園の無糖コーヒーがあってさ、これがうまいんだ。ボスよりおいしいと思う。」

「ふーん、コンビニじゃ見ないなあ。今度買ってきてくれ。」

「わかった。それから、ojさん、来てくれてたのは、気がついてたよ。お礼言っておいてね。」

頭くらくらしてるらしいけれど、まだ余裕あり。

OJさん、写真ありがとうございました。リンクはりますね。http://blogs.yahoo.co.jp/ojisanchez/6188925.html

訪問した瀬戸西ラガーマンたち、見てやってくれ。

瀬戸西ホームもです。

http://blogs.yahoo.co.jp/seto_west_rfc/28520334.html

さあ、次です!課題を克服し、コンディションをあげて、しっかり準備していこう!

また、9/14は、学校祭も楽しんでください。

« Crosstown traffic | トップページ | 物は捨てるな »

ラグビー」カテゴリの記事

コメント

今日は幸先のいい勝利、おめでとうございます。
写真は決して良いカメラでないし腕も素人そのもので恥ずかしい限りですが少しでも人のお役に立てるならこんなに嬉しい事はありません。
次戦も頑張ってください。

ドリンク、ご馳走さまでした。冷たくて美味しかったです。

いやあ、写真本当にありがとうございます。迫力ありますよ。いいですね。
瀬戸西ラガーマンたちはOJさんのブログにコメントするように。そのうち、ojさんも瀬戸西の有名人になるよ。
コミュニケーションがコンピュータによって変わりましたねえ。面白い!
さて、次は9/24、12:15、瀬戸西グラウンドでKO。相手はどちらが来ても全力で。
楽しみにしています。

応援ありがとうございました!!

次の試合は前の試合よりも頑張って勝ちます!!笑

TAKU∞は、もっと落ち着いてやればいいプレーがたくさんできるよ。

基礎をしっかりしないと応用もきかないから、しっかり自主練に取り組んで頑張れ
そろそろ体幹を本格的に鍛えるのも悪くない。
タックルは「かわす」のではなく「ズラす」こと!

俺も通った道だよ。
まだ某S先生がいた時に、「お前は体がデカいわけじゃない、だからといって何もできないわけじゃない。ズラして当たれ!」って言われてやってきて今の俺がある。

だから敢えてTAKU∞に同じ言葉を捧げよう。「ズラして当たれ!!何が何でも倒れないで前へ、もっと前へ、少しでも前へ!!」


共に最後まで頑張ろう!

swrfc no.8さん、コメントありがとう。
「ずらして当たれ!」はtakuはいつも俺に語っているよ。「すごい!」ってね。ずいぶん意識しているようだよ。
no.8君の技は、体を練りこんで、創意工夫と試行錯誤をくりかえして、作り上げてきたプレイであることは、俺にでもよくわかるよ。
ぜひ、継承してほしいね。奴も上達しようともがいてるわ。そう簡単にはいかないと思うけれど、ぐっと上がるときがある。そのときをno.8君が見ていてくれたら、めちゃくちゃ喜ぶだろう。この大会、きっとそういう場面が来るね。
応援してるぜ!瀬戸西対西陵、みたい!がんばれ!

O先輩、アドバイスありがとうございます。

これからも基礎をしっかり鍛え上げていきます。
特に、先輩の言う通り本格的に体幹を強くしていきたいと思います!


確かに、今の自分は相手のタックルを真っ向から受けて、すぐに倒れてしまいます。
「ズラす」ことは、先輩や先生にも言われて結構前から意識してるんですが、当たる時の姿勢が高かったリ、ズラせてなかったりとかで、なかなか上手く決まりません…。


やはり不器用な自分ですが、これからも諦めずに「ズラす」ことを健闘していきたいです。そしてO先輩のように倒れず、屈せず、一歩でも前に突き進むゲインを目指します!


次の試合も絶対勝ちましょう!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574941/52705180

この記事へのトラックバック一覧です: 高校ラグビー愛知大会初戦報告:

« Crosstown traffic | トップページ | 物は捨てるな »