« 物は捨てるな | トップページ | フォーク1本で前座。 »

2011年9月14日 (水)

フィンガーピッキング

フィンガーピッキングによる奏法を自分なりのものにしたい。

平ピックの場合、アタック音は強くていいのだが、右手の指がもったいない。

サムピックや爪につけるタイプは、日常持ち歩きにくいので、自分の指で弾くべきだと思う。

爪は、俺は釣り人でもあるんだが、かなり深爪してしまう。こりゃくせだ。俺は指の腹で弾く。

ダウンストロークは4本の指で払い、ミュートは親指の付け根の腹で、アップストロークは親指を書き上げて、ミュートは小指の付け根の腹で行う。感覚はだいぶつかんできたぞ。

あと最近試しているのは、デレクトラックス風の右手の使い方で、ピックアップの上に親指を固定し、人差指と中指で弦をはじくという奏法である。ダブルノートが出しやすくて、単音弾きにも利点が多いと感じている。

フィンガーピッキングで弾いているギタリストはジェフベック、エリッククラプトン、デレクトラックス…たくさんいるがみんなかっこいいなあ。

ジェフベックは、アームをにぎりこんで、親指で弾く。あのアーミングは誰もできない。

エリッククラプトンは平ピックを手のひらに出し入れして、ひとつの曲に両方使う。ユニークだ。

デレクトラックスは、スライドとの組み合わせなので、二本指での奏法による、コード感、倍音感がすごい。すばらしい。

これらの独創的でかっこいい奏法の、せめて精神性でも模倣したい。

俺が考える「奏法」とは、楽曲に対して、置かれた条件の中で最善手を尽くすということに尽きる。それがオーディエンスに対する最低の礼儀だし、絶対条件である。

それは、メンバーによってピッキングを替えるということができるように、引き出しを多く持つということに他ならない。リズム隊がいなければ、ベースラインをも弾き、ヴォーカルがいなければ、メロディも紡ぐ。鍵盤がいなければ、オブリガードやブリッジも意識し、コードや構成にも意見を持つことである。一人なら、弾きながら、歌も歌う。その準備をすること。

じゃあ、この準備をどのようにするか?

全部そろったバンドサウンドとしてするべきことは、リフ、コード、リードのどれに集中するかの意識が一番肝要である。

今までバンドとして経験してきた方向と俺が身につけてきた技術的部分は、そう間違ってはいないと思っている。ただしツインギターとモノギターの奏法の違いは出てくる。

ギターが1台の時の音の厚みをどうするか?

フルコードストロークは、エレキの場合はちょっと雑で、いただけない。2本指奏法だと、フルコードでも輪郭がはっきりしてきていいと思う。また、スモールコードでの左手でちょっとしたおかずを入れた単音弾きだと、メインの進行を引き立てることができ、かなりいいと思う。

ソリッドでないリズムが必要な場合は、これはコード系フィンガーピッキングで歌を引き立たせる必要がある。この点に関して、アルペジオとスリーフィンガーの技術はいまだに使えるはずだ。ベースランニングとハンマリング、プリングオフは今でも新鮮にも感じる。

また、一人もしくはヴォーカルのみの場合、デルタブルーズの奏法がぜひ必要である。

ベースラインとメロディの組み合わせを同時に弾く技術、これはデルタブルーズが開発したのだ。ポップスにおいても応用できるはずだ。

そして、ジャズギター。興味ある。

コード展開とうねうねソロを身につけたいのだよ。

これらの経験を積めば、俺の味となって皆さんに喜んでいただけるかなあ。

« 物は捨てるな | トップページ | フォーク1本で前座。 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

誰かのコンサートの時ピックを観客席に投げてプレゼントしてた。
そのファンの子にしてみれば一生モノの宝物だね。
今度o1211さんもやってみれば?
俺、拾いに行くぜ!

9/18、メモリーレーンでのライブ、急遽、6時半から、前座で出ることにしました。
ドラムITO君で、俺、フォークギター一本の2人組で出ます。
ピックを使わずに弾いてみて、歌ってみます。おじさんの主張をしてきます。時間があればお越しください。AOさんがとりで出ますよ。
でもピックなげてみようかな。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574941/52420980

この記事へのトラックバック一覧です: フィンガーピッキング:

« 物は捨てるな | トップページ | フォーク1本で前座。 »