« 鮒まぶしliveツアー3シナリオ | トップページ | 飛込み練習 »

2011年9月 3日 (土)

やっぱり、「和が家」

やっぱり、「和が家」はうまいな。

豚タンスモーク、ポテトサラダ、ごぼうの空揚げはもう定番で外せないが、先日は、更にカニみそ豆腐とみょうがの甘酢漬けにやられた。あと、あげもろこし。

カニみそ豆腐は、かにみそが上に乗っかった冷奴かなあと思っていたけれど、カニみそが溶け込んでいる絹ごし豆腐だった。

Photo

これはすごい発見だ。絹豆腐には舌触りの滑らかさがあるので、舌全体に豆腐が均等に乗っかり、すべてのみらいが味を感知するので、カニの風味がより濃く感じるというしくみだ。

カニみそだけだと、舌一部で感じるけれど、ぼそっとした固まりなので、風味が拡散しない。で、舌で上あごにこすり付けたりしてないか?この豆腐は、その必要がなく、口に含んだ瞬間、拡散し、カニの香りが鼻腔にすぐ抜けてくる。すごい効果的でうまい。

みょうがは、ウドやセロリに通じる、爽快な香りを持つ和のハーブといっていいが、食べ方がいまいちだったのか、この香りを生かした食べ方がわからず、いいなと思ったことはなかった。この甘酢による浅漬けは意表を突かれた。合う。甘さはこの香りの邪魔はしていない。酢がこの野菜の持つえぐみを押さえ、甘さがむしろ香りを高くしている。うーん、甘酢漬け、うまい。やられた。

このあたりは、醸造酒を飲みたくなるところだなあ。

吟醸の日本酒、フランスあたりの白ワインか…

この店は、ワインは持ち込んでくれというシステムだそうだ。ボトルは飲みきって欲しいという考えで、持ち帰ってもらうためだそうだ。これは、定見だと思う。おいしいものを提供することを第一に考えている証だと思う。

芋焼酎黒霧島の水割りも、よかったけどね。

あと、あげもろこし。

これは、小粒であまり甘くないが、味のしっかりしたとうもろこしのかき揚げなんだが、工夫が随所に散見される。

甘いとうもろこしが今流行っているが、少々堅いが、味の濃いとうもろこしを使用(ピータースコーンの系譜かなあ。)し、一粒ずつばらばらにして、揚げることにより、香りを閉じ込め、表皮を壊しやすくしていると感じた。噛むと、とうもろこしの香りでむせるほどだ。

衣にも工夫がある。青海苔がはいっており、磯部揚げになっている。磯の香りを足すことにより、アミノ酸の持つ複合的うまみをつくるというのが目的と見た。醤油を使ってしまうとありきたりになってしまう。そこに工夫を感じた。また、抹茶塩で食す。この若干の苦味がアクセントになるんだよなあ。

これもうまかったよ。

この店には、どれを食べても食べ方の提案がある。込んでいる理由がわかるわ。

狭くて、いつもいっぱいで、カウンターの固定椅子はつらいのだが、行ってしまうなあ。

質より量のラガーマンには、300円のメシ、味噌汁おかわり自由を与えといて、俺たちには持ち込みワインをもって、ちょっとしたものを食す。お値打ちだなあ!

うーん、ojさん、行きましょう!

« 鮒まぶしliveツアー3シナリオ | トップページ | 飛込み練習 »

食べ物 飲み物」カテゴリの記事

コメント

そうこなくっちゃ!
しかし表現、自由自在ですね。
この店には、どれを食べても食べ方の提案がある。
このフレーズ特に気に入りました。悪いけど今度自分のセリフのように使わせてもらいます。
もしかして、明日あたり太郎前に行っちゃう?

今日は朝ポタもきついですな。takuのラグビーもさすがに中止です。今日夜、行ってみましょうか?後で連絡しますよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574941/52626105

この記事へのトラックバック一覧です: やっぱり、「和が家」:

« 鮒まぶしliveツアー3シナリオ | トップページ | 飛込み練習 »