« 各務原にて | トップページ | 鮒まぶしliveツアー3シナリオ »

2011年9月 1日 (木)

鮒まぶしliveツアー2

さて、blue sheeeetsですが、今回、ちょっとしゃべりすぎたなあ。流れを切ってしまった。

「漫談みたいでおもしろかったですよ。」といってもらったんだが、過ぎたるは及ばざるが如し。バランスが肝心。乗り切れなかったとすれば、申し訳ない。次回また考えよう。

それと、シールド蹴飛ばして、エフェクターからはずれてしまって、音を中断させてしまった。すまんすまん。この事故は初体験だった。

全体的に乗る前に終わっちゃったという感じで、こういうライブハウスでのテンションの上げ方について、もっと研究を要するなあと思った。やりこみが不足している曲を持ってきてしまったのも原因のひとつかな。

今回は、話が急な展開で出てきた部分があるということと、ライブハウスの考え方や状況が飲み込めず、もうひとつオリジナルを持って行こうと背伸びをしたところがあったかもね。ただ意図としては、俺が考えるMOにあった曲、歌詞で、リフにのって歌うロックを、やって欲しいと思ったのだ。俺自身は、荒削りだったけれど、光るものはあったと思っている。俺の中では方向は見えた。

あいかわらず、tetuの評判はいいなあ。玄人受けだね。あのベースラインは特筆すべきだと思う。

打ち上げは、駅前の「ねずみ小僧」。

朝まで飲み放題でプラス1680円!すごいねえ。大津市の駅前の店は、皆明け方までやってる感じだったぞ。

AM3:00まで飲んでたって?うーん、最後の方、記憶がないなあ。名古屋方面隊は名古屋で打ち上げやろうという話になってたなあ。

打ち上げまでの時間を、違う店でちょっと飲んでみた。

「いちい」という居酒屋。鮒寿司あるかなと思ったけれど、なかったね。この地の出身のCom-jhongさんのヴォーカルさんは鮒寿司最高!と叫んでいたけれど、転勤族の方は、「…」という感じだった。

万願寺唐辛子がおいしかった。肉厚のししとうという感じなのだが、まったく辛くなく、柔らかくて、ナスっぽいところも感じて、あまり経験のない味だった。

Photo_2

でも、100個に1個大当たりで、どえりゃ辛い!というのにぶち当たりそう…「そりゃ、人生の余禄だよ。」by太宰治。

Ustone

大津レイアホテルに一泊したんだが、家族連れが多かったね。何か琵琶湖でイベントがあったのかな。

さあ、次は区民まつりだ。準備をして、やるぜ!

« 各務原にて | トップページ | 鮒まぶしliveツアー3シナリオ »

音楽」カテゴリの記事

コメント

まさしくライブは生き物ですね。
同じようにしてるつもりでもその都度お客さんの反応も違うでしょうし。
何か鉄板トークを見つけるといいですね。
実は今度退職する人の送別会プロデュースを頼まれています。
今、色々案を練っている最中ですが期待が人を育てると言うか、全てが勉強ですね。

そうそう、勉強だなあ。鉄板は難しいよ。飽きられるところもあるし。
変化を自分に課すこととフォーマットではなく中身を変えることにより、安心感とスリルを感じさせることが重要だと思いました。
バンドはライブが命だね。お客さんやメンバーと正面切って向かい合っていたいなあ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574941/52598089

この記事へのトラックバック一覧です: 鮒まぶしliveツアー2:

» ケノーベルからリンクのご案内(2011/09/01 08:43) [ケノーベル エージェント]
大津市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 [続きを読む]

« 各務原にて | トップページ | 鮒まぶしliveツアー3シナリオ »