« 菅平合宿報告番外編 | トップページ | ラーメンの原点2 »

2011年8月10日 (水)

ラーメンの原点1

いま、時々いくラーメン屋としては、常盤、笹善、すすきの亭、丸正、盛華、とん忠、和田屋、一番舎、ラーメン荘、こんなもんかな。

すくねえなあ。なんか保守的?夜は飲みたくなるので、ラーメンのためだけには、車で遠出はしないし、宴会後の〆ラーメンという習慣が俺にはないせいかな。

結局、近場のとん忠とラーメン荘かなあ。

俺がラーメンで思い出すのは、ここでも、やはり開高健のエッセイである。

彼は、ヴェトナム戦記もので、文学史上の傑作と言うべきいくつかの小説群をはじめ、釣りや食に関する深甚な随筆を残しており、釣りも食も、自分自身が大きく影響を受けていることは、認めざるを得ない。いつかは、もう一度読み直し、きちんと向き合いたいなあとは思ってはいるのだが、ここでは少しだけ触れる。

彼が従軍記者として、ヴェトナム戦争に、米軍側で従軍し、多くのものを見聞きし、様々な文章を残したのだが、その中の一文に、日本のラーメンはひどくまずいというエッセイがあったと記憶している。(地球はグラスのふちをまわる 新潮文庫)

戦後の混乱と高度経済成長期を経て、現在があると思うのだが、ヴェトナム戦争当時は、重化学工業の推進を国策化し、自然破壊をあちこちで引き起こし、また、食に関しても、化学調味料を大量に使った怪しげなものが出回っていた時期だとは思う。

東京一極集中が始まり、人の流入に、ハードもソフトも追いつかないという状況で、粗製乱雑なものが、まことしやかに流通してただろうことは想像に難くない。

俺もその流入組の一人のせがれで、親父がうちにいた記憶は少ない。

ただ休みのときは、二子玉川に住んでいたので、多摩川丸子橋あたりで、おいかわやくちぼそ、鯉なんかを釣りに行ったことを良く覚えている。

この時期のラーメンというものを、外食で食べた記憶はない。貧乏だったしね、てんやものもあまり記憶がない。

インスタントラーメンは良く覚えてるぞ。

チキンラーメンから煮込んで食べるやつにちょうど変わる頃だったのかなあ。たまたま遊びに来てた祖母が、新製品の日清焼きそばをラーメン風の汁にしてしまい、ソースの汁が目をむくほどまずかったことを覚えている。

あとは、鰯と鯖をよく食べてた記憶はある。

開高健のまずい論は、そういった食の工業化というべきか、資本主義的金儲け化というべきか、そういった当時の流れに対する批評精神があったのではないか。俺はそう思っている。

一方、ヴェトナムの麺を最大級にほめている。

フォーという米粉の麺だと思うが、食感がどうした、のど越しがどうしたというレベルの話ではないと思う。

砲火が飛び交う中、小さな、衛生的とはいえない店で、だしをとった鶏の小骨をぷっぷと地面に吐き出しながら、心は疑問と矛盾を感じつつ、しかし、悠然と爆裂音を受け流し、生あることを踏まえて食べる、それは、おそらく生きることと食べることが同義語な世界だったんだと思う。そして、そこで食べたものは、素材も調理法も、栄養価も、味も、まったく正しい、気候や風土にあった、歴史に練られた麺だったんだろうなと思う。

味と記憶が結びついているものとするならば、彼の心の傷と正しい味としてのフォーが結びつき、東京のインチキくさいラーメンを批判することもよくわかる。

さて長い前振りでしたが、何が言いたいかというと、今のラーメンを、彼が食べたらなんと言うかなという事だ。

俺は今のラーメンという食べ物が、日本人に愛されて、すごく正しくなってきているのでないかと思っている。

開高氏が批判したラーメンが、ラーメンを食べるという一点において、味を求め、適正な価格を探り、販路を確立し、といった努力の積上げによっていい食べ物になったといえるならば、俺は人間を信じる気になる。

最悪から出発したものが、努力によって、素晴らしいものに変わったと、俺はそう思いたい。

ラーメンについては、開高氏もほめてくれるのではないか。でも、アカン物はアカンよ。今でも。

食をめぐる話は、まだまだ課題は山積みなので、開高氏が批判するようなことははたくさんあるんだけどね。

<

« 菅平合宿報告番外編 | トップページ | ラーメンの原点2 »

食べ物 飲み物」カテゴリの記事

コメント

今の時代そうそうまずいラーメンにはめぐり会わない。
あったとしても淘汰され、すぐに消えていく。
今流行りのつけ麺やごく太麺も飽和状態に近く、恐らく何年後か先には半分くらいになっている気がする。
本当に美味しいものを追求していくのかそれとも儲かる手段を追求するのか作り手の見せ所ですね

昨晩はどうも!
9月には句会に出ませんか? 4句持って行くだけです。
ラーメン味わうには体力がいるのです。私も若いころは荻窪、すすきの、高山、博多、熊本らーめんも現地で確かめました。イレギュラーですが私のラーメン原点は大門の萬珍軒かもしれません。

ojさん、そうなんです。あっさりつぶれるんです。お客は厳しく正直なんですね。いきのびてるところは、何らかの工夫があると思う。でも、まずくなると一気に客足が減る。ほんとうに魚介系太い麺、つけ麺はどうかな?いきのびるかな?

sino師匠、お誘いありがとうございます。今日から山行でしたっけ?お気をつけて。
日があえば、うかがわせていただきます。またメールください。
みんなラーメンについては、なんかしら意見、原点の店はもってますな。それだけなじみの深い食品なんだろうね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574941/52094147

この記事へのトラックバック一覧です: ラーメンの原点1:

« 菅平合宿報告番外編 | トップページ | ラーメンの原点2 »