« 吟行としての山菜ツアー1 | トップページ | 肉食 »

2011年7月25日 (月)

木曽川釣行記

久しぶりに、立田大橋上流にハゼと手長エビの様子を見に行ってきました。

小潮回り、台風後、できハゼは?いろいろ気になるところで、夕涼みがてら、午後四時半ぐらいにでかけました。

岬釣具店さんに聞くと「よく釣れてます。」とのこと。

石ゴカイを一杯だけ購入し、現地へ急行。

ついてみると、ほとんど人がいない。不安…

まあそれでも、そそくさと準備し、開始。

Kisogawazenkei_2

仕掛けは、竿3.3m、道糸1号、ゴム止め棒浮き、中通しおもり1号、ハリスどめ付きよりもどし、オーナー製手長バリ2号。岬釣具店のご主人に教わった仕掛けだ。

テトラの穴に浮き下を調整しながら投入。

すぐにきましたね。

浮きの変化は微妙だ。ということは活性は低い…巣穴に引っ張っていくという感じではなくその場の目の前にきたものを、居食いするというイメージ。

特有のエビがはねてる感じの間歇的な引き具合。これこれ。思い出してきた。

練習帰りのラガーマンにも来た。こいつはなんだかんだと自然に歓迎されるところがある。

Kisoturetatenaga_2

その後は、ヨシノボリに邪魔されながら、ぽつぽつとという感じだった。

できハゼも7cmほどで少し遅れ気味だがまあまあといったところか。

Ksotenaga_2

今回は、ウナギも狙って少し夜の時間もやってみようということで、日が落ちてから8時ぐらいまでやってみた。

潮の動きは小さいが、何とかなるかと、一本投げておいて、ちょっと開けたところで、のべ竿で狙うというスタイルだ。

投げ竿は、うーん、ゴミが多い…台風の影響かな。

のべ竿は小さなあたりはあるものの、拾えない。ラガーマンの闘争心、フィジカルもここでは役にたっていない。

Kisogawayakei_2

いやあ、しかし、闇の訪れとともに、野生がむくむくともたげてきますなあ。

虫、鳥、獣様々な生き物の咆哮が聞こえ、面白がって真似してると、がさがさと藪を漕いで近づいてきて、周囲でピタッと止まる。

大きな甲虫類の羽音が飛び交い、ぶつかってきたりする。

真っ暗になったところで、強烈な獣臭が鼻につく。

狸か穴熊か…正体はわからぬが危害を加えることはないだろう。

しかし、去らないな。じっとこちらを観察してるようだ。

木曽川の河川敷が、ケニアのサファリみたいで面白かった。ケニアにゃ行ったことはないですが…

今度は、夜の自然観察中心で、ここらあたりを探ってみようかな。

« 吟行としての山菜ツアー1 | トップページ | 肉食 »

釣り」カテゴリの記事

コメント

この季節、やっぱり活動は朝か夕方からに限りますね。
昼間では感じないモノの動きや匂いがまた楽しみですよね

ほんとほんと。縄文の血が騒ぐ。手長エビとハゼは飼おうかと思いましたが、空揚げにしてしまいました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574941/52291681

この記事へのトラックバック一覧です: 木曽川釣行記:

« 吟行としての山菜ツアー1 | トップページ | 肉食 »