« tools | トップページ | バザー告知 »

2011年7月 9日 (土)

干物、蒸し物宣言

さんまの丸干しはうまい!

はらわたの苦味ががつっと来る。いわしの丸干しより大きいので、食べでがあり、身も厚いので、いわしにない柔らかさも感じることができる。これは、店では見たことない。また脂が乗っていては造れないと思うので、和歌山あたりでやせ気味のさんまで造ってる。この食べ方はありだ。秋の脂の乗ったさんまもすごくうまいんだけど、この干物はそれに匹敵するし、日持ちがいいので手軽でありがたくいただけるよ。

Sanmablg

ウーム、またまた、酒が飲みたくなってきた。

蒸し物でうまいのは、鯛のかぶと蒸しじゃあ。鯛のアラが売ってたら、買ってきて、うろこや血合いをちょっと掃除して、蒸し器に入れて、酒1水1の汁をいれ、15分ほど蒸すだけだ。大皿にそのまま盛り、ちょっと煮詰まった汁をかけ、塩を適宜振る。あとレモン汁と青物少々飾れば、酒蒸し料理である。ほんとにうまいよ。汁が濃くて、他にも使える。

ウーム、またまたまた、酒が飲みたくなってきた。

« tools | トップページ | バザー告知 »

食べ物 飲み物」カテゴリの記事

コメント

伊勢神宮のおかげ横丁でサンマの丸干しを焼いて食べさせてくれますよね。あんなに気前良く試食させてよく商売成り立つなあって思います。

そうなんだ、和歌山と三重、近い!文化人類学的に興味あり。さんま干物街道…熊野を挟んでrんだ。おもしろそう!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574941/52121092

この記事へのトラックバック一覧です: 干物、蒸し物宣言:

« tools | トップページ | バザー告知 »