« 肉食 | トップページ | 吟行としての山菜ツアー2 »

2011年7月27日 (水)

春日井、中村戦報告

春日井戦、中村戦を見てきました。炎天下、きつかったと思いますが、条件は皆一緒です。

また、暑い中、毎回応援に来てくれるOBの皆さんには、頭が下がります。

瀬戸市民祭以降、少しけが人が出てしまい、主力4人が欠場し、また、不慣れなポジションへのチェンジがありましたが、こういうときがまたチャンスです。

一年生が二、三年生相手のがちな試合を経験するのは、自分たちの不足するもの、対戦の心構えなどを知りうるまたとない機会です。すべてをポジティブに考えましょう。

事実、前半のぼろぼろを、後半で持ち直すという試合も出来たわけですから、よかったこと、悪かったことを総括し、課題としてください。

対戦した両高とも、バックス陣のスピードがあり、少し甘くなったマークは抜ける力がありました。

そこを防ぐには、未然の対策として、オーバーを強くかけて、球出しにプレッシャーをかけること、集散のスピードを向上させること、低い姿勢でタックルにはいることなど基本的なことが重要だと思います。

必要な動きを頭に入れて、反復練習をしてください。必ず強くなります。

春日井のフォワードは、なかなかスクラムにも闘志があり、また、とくにモールを練習している様子が見られました。ラインアウトからモールという、瀬戸西得意の攻撃のお株をとられたようなシーンがありましたが、対策はまずは、モール対応の数的優位の確保でしょう。まだ動きの確認が出来てないようなので、ここもぜひ研究して対応してください。

あとは、ミスとペナルティを減らすこと。

ハンドリングは練習がいりますが、ペナルティはルールを知って、落ち着けば必ず減らせると思います。まずは、勉強ですね。

ハンドリングはパス練習とランも組み合わせて、しっかりやってください。

ランとハンドリングとコンタクト。ラグビーをやることはこれをすることです。繰り返し練習し、身体にしみこませてください。

この2週にわたる練習試合で、合宿での課題、強化すべきポイントはだいぶわかったと思います。

落ち込んでいる選手もいるでしょう。もう気にするな。上を向いて練習してください。あとはご飯をしっかり食べて、充分寝ること。

「あー、つまらん!試合でたかったなあ…あーあ。」

「あほか。やめといて正解だ。けがはどうなんだ。」

「もう直ったわ。火曜日、病院に松葉杖返しに行ってくる。今週は走りこんでみんなに追いつく。」

「おまえ、松葉杖の預かり金受け取ったらちゃんと返せよ。まあ、そうあせらんでも、合宿でもういやというほど練習と試合できるだろ。」

「…そうだね…。よく考えたら地獄が待ってました…」

「合宿で泣いて、試合で笑え。菅平は涼しいぜ。」

「涼しいと去年の地獄を思い出す…。修学旅行の北海道が菅平に思えてしまった…俺MOKUSONにはトライ数負けたくない!追いつかれそう…」

「いいねえ。そのライバル意識。まあ、出続けることだね。」

「そうだね。」

頑張れ瀬戸西ラグビー部

« 肉食 | トップページ | 吟行としての山菜ツアー2 »

ラグビー」カテゴリの記事

コメント

なかなか充実した1日でしたね!
怪我は確かに痛いけど心を強くしますね。
rootsさん、ホントに菅平行っちゃってレポートお願いしますよ。
釣竿も持っていっていいから(^-^)/

一泊で行く予定です。ちょっと楽しみですわ。他県のチームはどういう感じなのかな?福島県のチームも来るらしいです。瀬戸西ホームのブロガーの方と一緒なので、いろいろ話聞けそうで楽しみです。あの頭抜けたフルナックのご両親です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574941/52310290

この記事へのトラックバック一覧です: 春日井、中村戦報告:

« 肉食 | トップページ | 吟行としての山菜ツアー2 »