« guitarist100(all time) | トップページ | 馬刀貝と蛤 »

2011年6月 5日 (日)

愛知高校総体ラグビーの部決勝

6/4春の大会決勝戦を見てきました。

西陵高校対春日丘高校。

瀬戸西高校の2年生を3人連れて行きました。

左からフランカー、ロック、スクラムハーフ。

Tree_raggerman

結果は1210で春日丘高校が制しましたが、すばらしい試合でした。

当初押し気味だったのは春日丘でしたが、西陵、ゴール際の粘りを見せ、なかなか割らせません。先制したのは西陵で、敵陣内で得たペナルティから、センターバックが見事なステップで内側に切れ込み、ポール下にトライ。ゴールも決まって、7-0に。

その後、またまた敵陣内のペナルティから今度はドロップゴールが決まって、前半を10-0で折り返します。

後半焦りの色が見える春日にラインアウトやパス回しにミスがでますが、決定的な場面にはさせません。逆に後半10分、スクラムから春日のバックスが球をきれいに回し、左サイドにトライ!ゴールははずしましたが、これで10-5

これからじりじりした一進一退の攻防が続きます。

動いたのは残り3分の時でした。

敵陣深くからのスクラムから、春日のフォワードががつがつと前進し、最後中央にフランカーがトライ!そしてゴールも決まって12-10。大逆転です。

西陵フォワード、最後必死にサイド攻撃を仕掛けますが、無情にもターンされ、球をけり出され万事休す。西陵、悔しさのあまり、膝から崩れ落ちます。

緊迫感に満ちたすばらしい試合でした。いいものを見ました。

帰り道、

「すげえ試合だったなあ。」

「西陵のフォワード対春日のバックスという感じだった。運動量がすごい。最後まで落ちなかったし、タックルもはんぱねえ。春日のno.8をとめれたことがすげえ。」

「みんなバランスがいいし、まず一つ一つがきちんとできてる。どっちが勝ってもおかしくない試合だったなあ。」

「西陵の控え選手が試合中ずっとスクワットやっていた。これが強さの秘訣かも。」

「春日の前回負けた雪辱の気持ちが強かったと思う。」

「西陵のバックスは守備的にはよかったと思うが、パスが少なかった。キックを多用したということは、指示があってのことと思うが、臨機応変がもう少しあってもよかったかも。」

なるほどねえ、見るところは見てるなァ。

清水さんのブログも楽しみだなあ。

« guitarist100(all time) | トップページ | 馬刀貝と蛤 »

ラグビー」カテゴリの記事

コメント

アマチュアスポーツウォッチャーの私としては見逃してはならない試合でしたな。
花園は瀬戸西ですぞ!いいなあ青春\(^o^)/

瀬戸西もがんばってる。こっちも若返るね。

後ろ姿www

マジ勘弁www

じゃあ全員正面で。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574941/51852498

この記事へのトラックバック一覧です: 愛知高校総体ラグビーの部決勝:

« guitarist100(all time) | トップページ | 馬刀貝と蛤 »