« 北秋田 | トップページ | 仮説と実験 »

2011年6月14日 (火)

けったけった3

次タイヤ。

街乗り用にブロックタイヤからすべすべのスリックタイヤにしたのはいいが、どれぐらいの幅がいいかということだが、最初は細めの1.5インチに乗っていたんだが、パンク率は意外に高かった。街には段差が意外に多いということである。次に1.75インチに換えたんだが、やはりパンク率は高かったように思う。今は、2.0インチにしている。パンクはほぼない。(1度ネジがささってパンクしたがこれはしょうがない。)あと乗り心地が良くなった。重さや抵抗感はあまり変わらない。俺の乗り方だと2.0インチのスリックタイヤが最も適してるようだ。

次ペダル。

Pedal

通勤にビンディングペダルを使うには抵抗が最初はあった。職場についてからはきかえればいいし、今は慣れてしまって、使わなかった自分が不思議である。シマノの中位のモデルだが、使い勝手はいいよ。シューズは靴底が柔らかいタイプを使っている。さすがに歩くことも有るのでね。たちごけも経験したし、ビンディング部分がねじ切れるトラブルも経験した。

自分のエネルギーは、無駄なく前進する力に変わって欲しいと思うようになってしまった。

次整備。

パンク修理は自分でできるようにしたい。後は汚れを拭くことと注油はまめにしたい。特に雨の後は水分のふき取りだけはしておきたい。状態のもちが違ってくる。オイルも季節によって変えている。雨の多い季節には、粘度の少し高いオイルを使っている。テフロンルブリカントが基本である。

グッズ

パールイズミはいいなあ。サイクルパンツの尻当ての動きはすごく研究されている。パットの部分のずれる感じと元に戻る感じが絶妙である。日常生活でもサイクルパンツを使うメリットは大きいよ。真のデザインは合理的でないとイカンと思う。

サイクルグローブもいいよ。とめるマジックテープが手のひら側にあるのがいい。甲側だとハンドルをにぎったとき、邪魔くさいので実に良く練れたアイディアだと思う。

レインウェアはモンベルがいい。上は山もしくは日常用のストームクルーザーなんだが、下は自転車専用で、尻の縫製部分が厚い。サドルとの摩擦を考慮した。ゴアテックスなので防水性は非常に高い。夏は汗でけっこうぬれてしまうが。

競技

ojisanchezさんが一念発起してレースに出た。御岳のマウンテンバイク周回レース50kmクラスとのことで、やるなあと思ってしまう。スコットのMTBだが、街乗りアレンジで使っていたが、タイヤもスリックからブロックに変えて、日々レース用に気も道具も変えて準備しているらしい。

「走りにくいけれど、ブロックタイヤは楽しいよ。」と言っていた。なるほど、確かにそうかも。なんか触発される。少し先に考えてみるか。

« 北秋田 | トップページ | 仮説と実験 »

運動」カテゴリの記事

コメント

レースはいいね!
人間、(特に♂)は本能的に順位をつけること、つけられることが好きなようだ。
身の程を知ることも大事だしなによりも自己成長の目安になるからね。

そうだね。目安は必要だね。音楽にもライブは必要だし、スポーツに試合は必要だね。今年はアドレナリン出すぞ!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574941/51727105

この記事へのトラックバック一覧です: けったけった3:

« 北秋田 | トップページ | 仮説と実験 »