« どうする?ビーネーム2 | トップページ | 初鮎&ラグビー速報 »

2011年6月23日 (木)

ハコモノも必要!?

BOXギターとしては、やっぱりGIBSON ES-335のイメージかなあ。スパニッシュなセミアコースティックギターというコンセプトで誕生し、もう多くのギタリストが憧れて使ってるよなあ。フレディーキングの赤いES-335、2弦を1弦の太さのものに張り替えて、チョーキングをギンギンにかます。ギターの悲鳴にも聞こえる。

クラプトンが憧れて、同じ色のものをずっと使っていた。一時期メインのギターかなというほど使用頻度が高かったと思う。随分上品なギターサウンドだったけど。

B.B.キングの黒いES-335、通称ルシール。あの芯のある太くて甘い音、人差指のベント、B.Bボックスを使ったフレーズ、いやあ、素晴らしいね。

ジャズ、フュージョン系ではラリーカールトンやリーリトナーも使ってたよ。

後は、ジョンレノンが使っていたEPIPHONE CASINOも憧れてたなあ。

で、ちょっと使ってみたくなって、石橋楽器に見にいったさ。

で、いろいろいじって、もろもろ考えて、IBANIZのフルアコースティックギターを買ってしまったわけだ。やっぱり胴鳴りが欲しかったことと、今の楽曲を弾いて見る上で、ちょっと違うアプローチがしたいなあと思ったからだ。ピックアップもT90みたいな音がするよ。

Photo

それが4年前のことだ。そのときはライブで、一青窈のハナミズキを弾いて見た。やっぱりコントロールが難しいと感じたね。知ってる人は知っている、あの伝説のクレイジーフジケンバンドのライブのときだよ。

今回の7/2のメモレンライブで、ようやくメイン的に使おうと思っている。音はいいのだが、やはりハウリングが随分してしまうので、リスクが大きく感じ、歪系のエフェクトをかけようものならすぐハウるので、限定的にしか使えなかった。今回のライブの曲構成なら使える曲が多くなったし、SGと両方使ってみようと思う。ちょっと実験だなあ。

まずは、アンプの位置だろう。少し離して自分と平行に置き、やや自分よりに傾けるが、マイクの角度にも気をつけねばならない。

アンプは真空管とトランジスタを両方試してみたが、真空管アンプの方がやはりいい。もっとハウるかと思ったけれど、想定内だ。

エフェクターはコーラスのみ薄くかける。

弦は、アーニーボールスーパースリンキー0.8でいく。フラットラウンド弦だと押弦はいいが、腰が無さすぎるので、ストローク系がつらくなってしまう。

また、シールドをかえた。オヤイデ電気のシールドとドクターミュージックのシールド、C.B.Iのものと3種類使っている。このシールドはみないいな。音のとおりが良くなったので、ブーストかけなくても他の楽器に音量的に負けなくなったと思う。

フォークギターやエレアコとも一味違った、大きなホロウをもつBOXギターのサウンドは、現代の楽曲にも温故知新的提案ができると思う。リードやオブリはこのギターの得意とするところで、弾きやすいし、いい音がする。コード弾きはどうかな。フルコードのストロークだと、さすがに音量はフォークには負ける。きちんとミュートをしてメリハリをつけるのが肝心である。一方、スモールコードのフィンガーピッキングでは、弾きやすいし、音量もでるし、甘くて太い音で、すごく特徴あるよ。ここらあたりが提案したいところだなあ。

まあ、みんなに、そうだね、いいねと言ってもらえるように、しっかり練習したいね。

« どうする?ビーネーム2 | トップページ | 初鮎&ラグビー速報 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

うちの姪がこないだ50万円のビオラを買いました。
楽器は解る人にしかわからない魔物のような魅力がありますね

ほんとですね。すべての武器を楽器に!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574941/51726937

この記事へのトラックバック一覧です: ハコモノも必要!?:

« どうする?ビーネーム2 | トップページ | 初鮎&ラグビー速報 »