« シャコの友釣り | トップページ | 愛知高校総体ラグビーの部決勝 »

2011年6月 4日 (土)

guitarist100(all time)

ローリングストーン誌のguitarist100(all time)をみていると、順当だなと俺は思うよ。三大ギタリストというより、網羅的かつ正確だと思う。

1位ジミヘンドリクス、2位B.B.キング、3位デュアンオールマン、4位エリッククラプトン、5位ロバートジョンソン、6位チャックベリー、7位スティヴィーレイボーン、8位ライクーダー、9位ジミーページ、10位キースリチャーズ。

あの人がいない、この人がいないはありますが、影響力を考えるとだいたいわかる。

ここで感じることは、ブルーズを基盤としたギタリストがほとんどだということである。

この結果を見ていると、俺がルーツにさかのぼって、理論や奏法を考えようとしているのはあながち間違いではないなあと思う。でも俺がブルーズ的な音楽に魅かれてしまう心はなんなんだろうか?

俺は自分のことを日本人だと強烈に思う。風景や産物、気候、食べ物、人柄など日本人的なものやコトが非常に好ましい。

そういう俺が小さい頃に聴いていた音楽ってなんだったんだろう。

実は、記憶がほとんど無い。

たとえば沖縄の人が、身近に常に三線や歌や踊りがあり、ルーツとして誇れる文化を持っていることがうらやましい。そういうものは俺には無い。都市部のあぶくのような労働者階級のせがれで、転校ばっかりしていた俺は、音楽の授業は嫌いで、クラシック音楽はよくわからなかった。日本の歌謡曲にもあまり接する機会はなかったし、アイドルにも興味があまり無かった。でもよく考えると、フォークや歌謡曲も洋物のアレンジかなあ。日本人らしさはあるものの。演歌はちょっと微妙。民謡や盆踊りもよそ者だったので入れなかったし、ましてや雅楽をや。そのままだったら、音楽はそう意識しない、運動、外遊び好きオヤジだったと思う。

俺の最初の一撃は中三のときのビートルズ体験だったと思う。その後、厳しい現実をうっちゃりながら、自分の本当の姿を歌ってしまうブルーズという分野の音楽にひどく惹かれてしまったのであるが、今になって、俺のほんとのアイデンティティって何かと考えてしまうことが多い。俺は日本人だし、歌を作ろうと思い始めたこともあるし、3.11以降、俺は自分をものすごくきちんと振り返って、生き方、出す音も考え直さないとなあと思ってる。

答えなんかそう簡単に出ないなあ。

とりあえず、今のバンドでやっているスタイルの音楽をライブでやって、走りながら考えよう。

« シャコの友釣り | トップページ | 愛知高校総体ラグビーの部決勝 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

音楽、僕には聴くオンリー。
聴かせる側でもあるo1211さんを尊敬します。

ありがとうございます。こうやってずっと見てもらったり、一緒にやった人にいわれると励みになるねえ。まだまだ心構えや演奏技術は上げていきたいと思っていますので、変化を見てやってください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574941/51788180

この記事へのトラックバック一覧です: guitarist100(all time):

« シャコの友釣り | トップページ | 愛知高校総体ラグビーの部決勝 »